• twitter
  • RSSリーダーで購読する

icon
Popular Keywords
現在人気のキーワードタグ

icon

桃色コラム

  • TOP
  • 桃色コラム
  • 1万円トイレ不倫「渡部建」も知らない?人妻たちの「1万円愛人契約」激増中!

1万円トイレ不倫「渡部建」も知らない?人妻たちの「1万円愛人契約」激増中!

icon
Catch Up
キャッチアップ

1万円トイレ不倫「渡部建」も知らない?人妻たちの「1万円愛人契約」激増中!

「割り切ってエッチしたい」奥様の間でひそかなブーム!

 世間に衝撃を与えたお笑いコンビ・アンジャッシュ渡部建の“トイレ不倫”。

「浮気相手と多目的トイレでコトをすませた後、“1万円”を渡していたというのは、印象が悪すぎます。スポンサーの問題もあるため、復帰はかなり難しいでしょうね」(芸能界関係者)

 セレブ芸能人とは思えぬ“せこい情事”に溺れていた渡部。ただ、驚くことに、巷ちまたでも現在“1万円愛人”が急増しているという。

「新型コロナの影響もあって、“パパ活市場”が値崩れを起こし、1万円でも愛人になりたがる女性  特に人妻が多いんです」(風俗ライター)

 信じ難い話だが、こうした現象は“高嶺の花”が在籍する高級交際クラブでも確認できるという。

「コロナ前は人妻であっても、月3回のデートで相場は10万円。ところが今は月3回で3万円でかまわないという若妻も。そこまで値下げしないと、“パパ”が見つからないんですよ」(交際クラブオーナー)

 独身時代はファッション誌の読者モデルをやっていた、結婚3年目の美里さん(29・仮名)も、その一人。

「交際クラブは20代前半の子も多いから、私みたいなアラサーの人妻は本当に厳しいんです」(美里さん)

 だが、1回1万円に値下げしたとたん、3人の男性と愛人契約ができた。

「セックスは嫌いじゃないし、年配の方は前戯も丁寧で、本気でイカされてしまうことも(笑)」(前同)

 多目的トイレでコトに及ぶこともないようだ。

 だが、これは交際クラブに限った話でもない。スーパーでレジ打ちのパートをしている悦子さん(45・仮名)は、以前から口説かれていた60代の店長と愛人契約を結んだという。

「お互い既婚者なので、お断りしていたんですが、この前ついに“お金を払うから!”って(笑)。“いくら?”と聞いたら、“少ないけど1回1万円で”と、拝み倒してくるんです」(悦子さん)

 1万円より、その熱意に負けて体を許したという。

「自分が買われるなんて、新鮮でした。いい意味で割り切れて楽しめましたね。夫とのセックスでも経験ないのに、アソコを舐められていたら、潮まで吹いちゃって……。“1万円愛人”も悪くないなって」(前同)

 さらに、こんな話も。「緊急事態宣言が解除された後、久しぶりにテレクラに行ったら、驚いたよ。“1万円で、公衆トイレでいいから遊ぼう”って、30代の主婦の人に言われてさ。今までこんなことはなかったから、あの芸人さんの事件の影響かもしれないね」(56・自営業の男性) 

愛人相場も“ウイズ・コロナ時代”に突入か!?

  • 1万円トイレ不倫「渡部建」も知らない?人妻たちの「1万円愛人契約」激増中!

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画
特選素人娘マル秘動画

FANZA新着動画一覧 >>
icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE