• twitter
  • RSSリーダーで購読する

icon
Popular Keywords
現在人気のキーワードタグ

icon

桃色コラム

深田恭子37歳濃厚S○X2年分○禁放出

icon
Catch Up
キャッチアップ

深田恭子37歳濃厚S○X2年分○禁放出

芸能界屈指の恋多き美女優がダイナマイトボディを披露。わがままな肉体からあふれる奔放な性活を緊急リサーチ

 5月13日に21冊目となる最新写真集『Brand new me』(集英社)を発売する深田恭子(37)。さっそく数カットが公開されているが、いつにも増して極上ボディなのだ。「『週刊プレイボーイ』に先行カットが公開されています。まずは白と青のストライプの水着を着たバックショット。美しい曲線を描く小麦色のくびれ、そして腰からお尻にかけてのムッチリ感が最高ですね。 また、白い水着であぐらをかきながら前かがみになり、たわわに実った豊乳をアピール。波乗り中のカットも、たっぷり中身の詰まった重そうな乳房が目立ちます」(スポーツ紙記者)

 また、ヒップが丸見え寸前のカットもあり、あまりのムッチムチの肉感に圧倒されてしまう。「ここ数年、深田は体型の変動が顕著でした。18年に出した20冊目の写真集が、おそらく深田史上、最もスレンダーだったはず。今回のように水着に腰肉が乗っておらず、ヒップもキュッと上がって水着に収まっていました。比例して、乳房の重量感も目立っていませんでした」(夕刊紙記者) 転機が訪れたのは、19年1月。不動産会社社長との熱愛が報じられてからだ。「写真週刊誌等でプライベートが撮られるたび、どんどん肉感ボディに育ってきたんです。恋人とのデートでワンピースを着た際も、あらわになった太ももがパンパンで、はちきれそうなほどでした」(前同)

 極めつけは、昨年9月下旬、酩酊状態でラーメン店から出てくるところを撮られたときの、ダイナマイトボディだ。「体にピッタリと張りつくタイトなボディコンワンピースに身を包んだ彼女の、ムッチリ感たるや。ボンと突き出た乳房に、キュッと上がった爆尻がワンピース越しにくっきりと浮かび上がり、まるで何も着ていないナマ尻に見えたほど。すれ違った人全員が、“いいケツしてんなァ~!”と二度見したことでしょう。男なら誰もが抱きたいと思ったはずです」(芸能記者)

 最新写真集で極上ボディの全貌を公開予定だが、深田の“抱きたい体”は、どのような“性活”を経て作り上げられたのか。顔相学に詳しい占い師の小野十傳氏は、「セックスの仕方が変化したことで、体も変化したんでしょう」と指摘する。「最近、明らかに雰囲気が変わりましたよね。顕著なのは、以前よりも首が細くなっていること。首が太いことは“男を覚えた”ことの表れですが、深田さんはその時期をとうに過ぎ、不特定多数ではなく、一人の男性との献身的なセックスを覚えたために、首が細くなったのではないでしょうか」(前同)

次ページ >>
M気質が芽生えた可能性も
  • 深田恭子37歳濃厚S○X2年分○禁放出

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画
特選素人娘マル秘動画

FANZA新着動画一覧 >>
icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE