• twitter
  • RSSリーダーで購読する

icon
Popular Keywords
現在人気のキーワードタグ

icon

お色気

  • TOP
  • エンタメ
  • 【ネオン街ニュース】居酒屋「朝5時からの営業」で東京都全域無法地帯の恐怖

【ネオン街ニュース】居酒屋「朝5時からの営業」で東京都全域無法地帯の恐怖

icon
Catch Up
キャッチアップ

【ネオン街ニュース】居酒屋「朝5時からの営業」で東京都全域無法地帯の恐怖

「午後8時までの営業は良いとして、朝5時から営業を許可するなんてどういう了見でしょう。ウチの店も含めてこの街の居酒屋の客層は完全に変わると思います」

こう答えてくれたのは、夕やけ大衆が馴染みにしている東京新宿にある居酒屋の店主。

都の自粛要請以降は休業かランチ営業のみが許されることを想定していた店主は、10日に発表された東京都の「休業要請の指針」を聞いて、思わず腰を抜かしてしまったという。

ちなみに都が打ち出した都内の居酒屋に対する要請は「朝の5時から午後の8時までの営業とし、酒の提供は午後7時まで」というもの。

「東京都が何を基準にして朝5時からにしたのかの真意は定かではありませんが、こんな時間から酒を飲みにくる人なんて只者じゃありません。おそらく普通の勤め人ではないと思います。うちは通常、夜の18時からの営業なのですが、今まで懇意にしていただいてくれていたお客さんがこの時間帯に来ることは考えられません。間違いなく客層は変わるでしょう」(前出居酒屋店主・以下同)

そもそも、ここ新宿では早朝や昼でも営業している居酒屋は少なくない。理由は朝まで営業しているホストクラブやそこに客として行くキャバクラ嬢や風俗嬢などのアフター客が見込めるからである。

しかし、都の自粛要請で上記の業種がほぼ休業することになった今、そのような客が引き続き来店することは考えられない。では、この時間帯に、いったいどんな客が来ることが想定されるのだろうか。

「早朝は夜勤明けのタクシー運転手さんなどが利用してくれるかもしれませんが、それでも昼過ぎまで飲んでいる人はいないでしょう。もしかしたら、在宅勤務中のお馴染みさんが気晴らしにいらっしゃるかもしれませんが、そういう方もごく少数だと思います、消去法で考えると、昼から閉店の20時までの来店者は、ほとんどが自堕落な学生か仕事もしていないゴロツキに近い客層になることが考えられます」

店長の予想はいささか極論ではあるが、確かにこの時間帯の客層として今までの「仕事帰りに一杯」とったらサラリーマン層の顔は浮かんでこない。

また、時短で早めに仕事を切りあげたサラリーマンが17時から19時までサクッと飲んで帰ろうと思っても「先客」の質が悪ければなかなか入りづらいものがあるだろう。

「心配なのは、そういう質の悪い客が19時に酒の提供をやめて20時閉店できっちり帰ってくれるかどうかです。下手をするとコンビニで酒やつまみを買ってきて店の前に座りこんで酒盛りを始めるかもしれません。そうなった場合、翌朝の店先はゴミの山です。ゲロなんか吐かれていたら目も当てられません。そもそも外出自粛中に昼から飲んでいるような輩がベロベロの状態で大挙して帰宅時間の街に繰り出したら何かしらの事件が増えるに違いないんです」

そうならないために現在、新宿を中心としたネオン街では区の職員や警察官が帰宅を促す呼びかけをしているが、最悪の場合そのようなスタッフと酔った客が対決するような事態もゼロとはいえない。そうなると街は瞬時にしてドヤ街さながらの様相を呈することになるだろう。北斗の拳も真っ青の無法地帯だ。店長の不安が現実にならないことを祈るばかりである。

文責:編集長原田

  • 【ネオン街ニュース】居酒屋「朝5時からの営業」で東京都全域無法地帯の恐怖

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画
特選素人娘マル秘動画

FANZA新着動画一覧 >>
icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE