• twitter
  • RSSリーダーで購読する

icon
Popular Keywords
現在人気のキーワードタグ

icon

桃色コラム

  • TOP
  • 桃色コラム
  • 全国47都道府県別「SEXできる!」30~40代の見分け方

全国47都道府県別「SEXできる!」30~40代の見分け方

icon
Catch Up
キャッチアップ

全国47都道府県別「SEXできる!」30~40代の見分け方

人妻や独身、バツイチ問わず、女性の性欲が最大限に高まるのは、33歳の前後という。その発情のサインとは?

 チャンスがあれば「ヤリたい」のは男のサガだが、そう簡単にヤレないのが世の常。しかし、長年30~40代女性の性愛について研究してきた本誌は、セックスできる女性の共通点を、ついに発見した!「最も女性ホルモンの分泌が多いのは33歳。その前後が女性の“発情期”と言えますね」 こう話すのは、医学博士の志賀貢氏。つまり、30~40代は、絶好の“させ頃し頃”と言えるのだ。では、とりわけ“ヤレるサイン”を発している女性の外見から解説していこう。

 まずは顔の特徴だが、「顔には、セックス好きの相や浮気者の相が表れます」と解説するのは、顔相学に詳しい占い師の小野十傳氏だ。「セックス好きの女性には共通点があります。額にくぼみがある人と、後頭部の生え際周辺にホクロがある人は、アルコールが入った状況で口説かれると、断れない傾向があります。また、上唇よりも下唇が厚い人は、一人で夜を過ごせないタイプが多いですね」 また、不倫妻の顔相にも共通点があるという。「鼻と口の間にある“人中”の溝が浅くてツルッとしている人は、貞操観念が低く、いろいろな男性を受け入れがち。笑ったときに唇が歪んでしまう人は、自身の中のモラルの乱れが表れています。モラルに反している=不倫している、可能性が高いんです」(小野氏)

 女性の性欲は毛髪にも表れるようで、「毛髪が太くて多い女性は精力が強く、パートナーがいても性欲が解消できず、他に相手を作ってしまうことがある」(小野氏)という。 さらに女性のヤル気が顕著に表れるのが、化粧や服装だという。前出の志賀氏が教える。「ラブホテルの壁紙の色を思い出してみてください。薄紫色が多くありませんか? 実は薄紫は“発情の色”で、古来より“若い娘は薄紫の服を着てはならぬ”という言い伝えがあるほど。女性が薄紫色のマニキュアを塗り始めたら、それはサインです」 ふだんは女性の爪に関心がない読者諸兄も多いと思うが、今日からは注目してほしい。化粧も同様だ。「女性は性的に興奮すると毛細血管が開き、血行がよくなる。それが目尻に表れやすいんです。目尻がピンク色に染まれば、発情の合図です」(志賀氏)

 化粧で、それを隠そうとする場合も。ふだんより目元の化粧が濃ければ、「男性を待っている状態」(志賀氏)と見ていいという。 服装はさらに分かりやすい。『ヤリチン専門学校』などの著作を持つモテアナリストの尾谷幸憲氏は、「セックスができる女性の服装は、シンプルかつ明快です」と話す。「自信のある部位を強調した服を着ています。胸が大きい女性なら、谷間が開いていたり、ボディシルエットがクッキリと出る服。お尻に自信がある人は、お尻の形が分かるタイトなパンツ。脚に自信がある人は、ミニスカートをはいていることが多いですね」 若い女性がこうした服装をしていても、ヤレるかどうかは分からない。だが、30~40代女性となると話は別だという。「若い女性はどんな服装をしていても男から言い寄られますが、30代以降の女性たちは、“分かりやすいアピールをしないと、男が誘ってこない”ということを分かっています。だから、勝負服を着ているのに誘わないと失礼に当たる、と思いますよ」(尾谷氏)

 他にも、年齢による変化が。九州を中心に3年間で100人斬りを達成したナンパ師のしゅん氏が言う。「セックスさせてくれる独身アラフォー女性は多いんですよ。彼女たちの中には、昔は男性に誘われていたのに、年齢のせいで言い寄られなくなってしまった現状に、寂しさを抱いている女性が一定数いるんですね。 同じく、シングルマザーも。男は“子持ち”という理由だけで彼女たちを敬遠するので、美人なのに寂しい思いをしている女性の、なんと多いことか」 続けて前出の尾谷氏も、こう力説する。「僕が“帰ってきたS級美女”と名づけている現象があります。最近、地元駅前の小さな飲み屋に、アラフォー美女の姿を多く見かけませんか? その正体は、離婚して実家に出戻ってきたバツイチ女性。美人だから早く結婚したものの、夫との性の不一致や経済観念の違いなど多くの不満を抱え、子育てが落ち着いたからと離婚。自由の身になって近所で飲み歩いているんです」

 若い頃は高嶺の花だった美女が、年齢と経験を重ねることで“ヤレる女性”になって帰ってきたという。 実際に「最近、バツイチ美女とセックスした」と語る人も。全国の人妻を抱き歩く、流浪のハメ撮り師ことAV監督の嶋章平氏だ。「彼女は40代後半のバツイチで、出会い系アプリで知り合いました。“元夫とのセックスは苦痛だった”と話し、“だからセックスで感じられるか分からない”と不安そうでしたが、いざセックスすると、ビショ濡れの乱れまくり。“こんなに気持ちいいことだったの!?次は、いつ会える!?”と、初めての快感にハマったみたいです」

 実は、嶋氏が過去に撮影したAV女優たちも似たような境遇が多かったとか。「1年間で2~3人はいましたね。離婚したとたんセックスに目覚めた女性たちの共通点は、“夫のセックスに不満があった”ことでした。 僕の同級生の女性も、50歳にして性の不一致で離婚。その後、同窓会で会った元恋人と再燃し、燃えに燃えたとか。彼女は“初めて潮まで吹いちゃって”と頬を赤らめていました」(前同) ヤレる女性の共通点は、寂しさや夫への不満などを抱えていること。そうした心情を探るべく、もし飲み屋や職場にバツイチ女性がいたら、悩みを聞いて、「実は、夫とは性の不一致で離婚して……」などの言葉を引き出せば、セックスできる“確率”は格段に上がりそうだ。

次ページ >>
ショートカットの女性を狙え
  • 全国47都道府県別「SEXできる!」30~40代の見分け方

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画
特選素人娘マル秘動画

FANZA新着動画一覧 >>
icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE