• twitter
  • RSSリーダーで購読する

icon
Popular Keywords
現在人気のキーワードタグ

icon

AV女優インタビュー|AV女優インタビュー

  • TOP
  • ピックアップ
  • 【AV女優インタビュー・山岸逢花さん】ベテラン女優の「今」をお伺いしました。

【AV女優インタビュー・山岸逢花さん】ベテラン女優の「今」をお伺いしました。

icon
Catch Up
キャッチアップ

【デビュー当時の夢が現実に!】

次第に春の足音が聞こえてきた今日この頃、2017年7月に元アナウンサーとして華々しくデビューし、今年で女優暦3年目になる山岸逢花さんがタイヘンなことになっているという情報を入手した記者は、取るものも取らず彼女の元に馳せ参じてまいりました。

どうタイヘンなことになっていたかというと、わずか3年足らずの間に痴女女優として素晴らしい進化を遂げていたのです。

確か、デビュー1年目の時にインタビューした時には元アナウンサーらしい爽やかな雰囲気を漂わせ、痴女のカケラもなかったはずです。いったい清純派女優・山岸逢花さんにナニがあったというのでしょう。今回はその真相を探ってみました。

さっそくですが、山岸さん、いつの間に痴女としてご活躍なさるようになったのでしょうか。この記事を読んでいるシニア読者が全員、ソレを知りたがっています。

「いえいえ、そんな突然変わったわけじゃありません(笑)。それに私、デビュー1周年のときの快活60さんのインタビューで、今後どんな演技をやってみたいのかというふうに聞かれて『痴女をやってみたい』って申し上げましたよ(笑)」

なんと! そういえば薄ぼんやりとそんなことをおっしゃっていた記憶がございます。年を取るとどうも忘れっぽくなってしまって困ります。

んん? でも、ということは当時の目標をキチンと達成したことになりますね。デビュー当時からの真面目さと勤勉さは、ちっとも変わっていないではないですか。それを聞いてシニア全員が安心したに違いありません。万が一、山岸さんがおかしな娘になっていたらオジサン、ショックのあまり寝小便を再発するところでした。ほっと一安心です。

それにしても、山岸さんの演技力は素晴らしいものがありますね。もはや、そんじょソコらのドラマ女優じゃ、足元にも及ばないレベルです。なにしろ「ドラマ×痴女」という難しい役柄を演じられる女優さんなんて滅多にいるはずがありません。ところで山岸さんはいつも、どんなことを心がけながら痴女を演じているんでしょう。

なんて優しい痴女なんでしょう。我々シニアの間では今後、山岸さんは「痴女観音」として崇め奉られるに違いありません。

ちなみに今おっしゃったようなシーンが見られる作品を教えていただけないでしょうか。

「最近でいえば、プレミアムさんで撮影したメンズエステっぽい作品ですね。この作品では私が痴女を演じながら冷静に相手を気持ちよくさせている様子をご覧いただけると思います。見ている側からするとかなハードに見えますが、実際は真心の限りを尽くしてますから(笑)」

おおっ! 2020年1月に発表されたこれですね。

『イっても責めるの止めないよ?追撃痴女責め 連射・フェラチオ・男潮フルコース 山岸逢花』(プレミアム)

オジサン、タイトルだけで興奮して夜も眠れなくなりそうです。

しかも、山岸さんの優しい気持ちをわかっているにも関わらず、この作品を見ると心ならずも山岸さんのことを日本を代表する痴女女優と言わざるを得ません。とにかく凄いの一言です。

「うふふ。確かにこの作品だけ見ると、そう思われてしまうかもしれませんね(笑)」

でも、不思議なことにドラマ系の作品では同じ痴女でもまったく違う山岸さんを見ることができます。

ソレがこちらの作品です。

『妻と倦怠期中の僕は逢花(義妹)に誘惑されて何度も、何度も、中出ししてしまった…。山岸逢花』(プレミアム)

これはシニアの皆さんに是非見てもらいたい秀作中の秀作です。

「あ、これは私が姉の旦那さんを愛してしまって、姉が一泊二日で旅行に行っている間だけ、恋人として愛し合う作品ですね」

そうです。これ、本当に素晴らしい作品ですね。演技が迫真すぎて普通にアカデミー賞に出品しても賞が取れたんじゃないですか?

「ありがとうございます。実は私、もうひとつ痴女役をするときに心がけていることがあるんですが、エッチなシーンではないところでも主人公の心の動きに気を使ってるんです。この作品では、そういう部分が色濃く出ているのかもしれません」

嗚呼、なんということでしょう。これほど完璧な痴女女優さんをオジサン、他には知りません。

【山岸逢花さんが痴女を初めてから変わったこと】

ところで、オジサンがもうひとつ、とっても知りたいことがあるんですが、痴女をされるようになってから何か肉体的な変化はありましたか?

「あります。相手のチンを見ただけで自分のどこが気持ちよくなれるのかがわかるようになりました」

ええっ! どういうことですか? ソレはまるで剣の達人が相手の構えを見ただけで実力がわかってしまうのと同じです。

「それだけではありません。まったく言葉は交わさなくても相手の考えていることを膣だけで感じられるようになりました」

ヒィッ! つ、つまり山岸さんはチンと会話ができるんですか? かなり様子がおかしなことになってきました。ソレは小鳥とお話ができる絵本の中の少女以上のファンタジーです。

「あ、そんな大それた話ではないんですよ。単純に当たる場所を変えながら相手の声のトーンや表情で気持ちいいところがわかるだけですから(笑)」

だとしても、山岸さんが「触診」ならぬ「膣診」ができることに変わりはありません。とてつもなく恐ろしい能力です。

【山岸逢花さんの驚愕オナニー事情】

しかしながら、山岸さんはいったいどうやってチンと会話ができるほど膣の感覚を極めていったのでしょう。何か特別な訓練でも受けているのでしょうか。

「実はいつもオナニーをするときに膣内のどこに当たると一番気持ちいいか、研究しているんです」

け、け、研究オナニー! こんな美しい山岸さんが夜な夜なオナニーに興じているという事実だけでも衝撃的ですが、そこに輪をかけて研究とは! あまりのことに腰が抜けそうです。いったい、そんな妙な分野の研究者になったのはいつ頃からなのでしょうか?

「痴女をやるようになってからですね(笑)」

やっぱり…。後学のために山岸さんが、どんなオナニーをしているのかお伺いしても宜しいでしょうか? 現時点ではシニア全員が山岸さんが床にディルドをおっ勃てて、騎乗位で「膣診」をしている姿を思い浮かべています。そちらで間違いないでしょうか?

「いえいえ、まったく違います(笑)。オナニーだけは昔と変わってないですね」

なんと! しかし、そもそも山岸さんの昔のオナニーを知らないのですが、それはどんなご様子なんでしょう?

「あはは。そうでしたね。そもそもオナニーをするときは騎乗位ではなくて正常位です。あと、妄想オンリーでしてますね(笑)」

妄想? どんな妄想なんでしょう?

「私が正常位の状態で男の人に散々、焦らされまくっているんです。入り口のすぐそこにはチンがあるのになかなか挿れてもらえないんですね。だから私も我慢できなくて勃起したチンを摩り始めるじゃないですか。そして最後は、すごい太いのが入ってくるのを想像しながらイクんです(笑)」

ひーーーーーーっ! 山岸さんが、オナニーでそんな押し問答をしていたとは! あまりのイヤらしさに持病のシャクがぶり返しそうです。

仕事熱心とは言え、山岸さん、公私ともにエロすぎます。

【山岸逢花さんのエロスイッチ】

もはやシン・ゴジラならぬ「シン・ヤマギシ」として最終形態に達しているように見える山岸逢花さん。ここまできたら彼女に対して「あの質問」をしないわけにはいかないでしょう。

あの質問とは、痴女として出演している山岸さんが撮影中に「一番イヤラしい気持ちになっているシーンについてです。

実際、作品の中では全てがイヤラしいことになっている山岸さんは、いったいどんな場面でスケベ心を開花しているのでしょうか?

「それはペニスを咥える前ですね。その時に相手を見る目がかなりイヤラしくなっていると思います。私自身のエロのスイッチが入るのもほとんどがそのときですね(笑)」

くわわわっ! これから山岸作品ではペニスを咥える瞬間を見逃せません! しかしながら、視聴者からするに山岸さんのエロスイッチが入ったか入らなかったかは、どうやって見分ければ良いのしょうか。何か合図のようなものはありますか?

「やっぱり目ですね。私の目を見ていただければスイッチが入ったかどうかがわかると思います。実は痴女作品の多くは女性は服を着たままで、どんどん相手の男性を脱がしていくというパターンが多いんです。そんなとき、服を着たままでも自分がエロくなっていることを伝えるには、目で表現するしかないんですね。だから必然的にエロのスイッチが入ったときは目が変わるんです」

なんて素晴らしい。そしてなんて高度な次元のエロスなんでしょう! ちなみにチンを咥える瞬間以外でも山岸さんの目が変わることはあるんですか?

「あります。じっくり相手を見つめているとき、乳首を舐める瞬間、そしてズボンを下げるときも目の様子が変わっていると思います」

深い! 深すぎます。そう考えると山岸さんの作品は何度見ても新しい発見がありそうです。まさに噛めば噛むほど味が出るスルメイカのようです。

【山岸逢花さんの未来への展望】

もはや女優さんとして観音を通り越して神の域に達しているかのように見える山岸逢花さん。もはやアダルトの世界でこれ以上学ぶことがないように思われます。

しかし、山岸さんときたら「まだまだ食い足りない」というのです。

「今後はもっと自信を持って痴女をやりたいと思っているんです。実は私的には周囲から言われている程自分がいい痴女だとは思っていないんです。特に伸ばしていきたいのが『言葉』ですね。これから先は私に合った痴女的ボキャブラリーを増やしていきたいと思っているんです」

オジサン的には美しい山岸さんにあまりハシタナイ言葉は使って欲しくないというのが正直な願いですが。

「もちろん、下品にはなりたくないですね(笑)。恥辱的でありながら相手が二度と忘れることができないような美しい痴女表現を編み出したいです」

嗚呼、山岸さんの美しい痴女言葉を早く聴きたくてたまりません。山岸さんにそんな決め台詞を言われたら寿命が10年は伸びそうです。

さて、最後になりましたが、山岸さんに快活60恒例の「好きなオジサン」と「苦手なオジサン」のタイプをお伺いしてみましょう。

「好きなオジサンのタイプは柔軟剤の香りがするオジサンですね。あとはスーツ姿がピシッとしているオジサンは好感が持てます。苦手なオジサンのタイプは手が汚い人。あとはいつもメガネが曇っている方もやばいと思います」

皆さん、いかがでしょう? まだまだ進化し続ける山岸逢花さんから目が離せませんよ!

【山岸逢花さんのオススメ作品はコチラ】

『イっても責めるの止めないよ?追撃痴女責め 連射・フェラチオ・男潮フルコース 山岸逢花』(プレミアム)

https://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=pred00206/

『妻と倦怠期中の僕は逢花(義妹)に誘惑されて何度も、何度も、中出ししてしまった…。山岸逢花』(プレミアム)

https://www.dmm.co.jp/digital/videoa/-/detail/=/cid=pred00200/

【山岸逢花さんのプロフィール】

山岸逢花(やまぎしあいか)

T161-B82(C)W59H81

生年月日=1992年11月30日

出身地=神奈川県

趣味=料理

特技=お菓子作り

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画
特選素人娘マル秘動画

FANZA新着動画一覧 >>
icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE