• twitter
  • RSSリーダーで購読する

icon
Popular Keywords
現在人気のキーワードタグ

icon

夕やけEYE

  • TOP
  • お色気
  • 【夕やけ大衆EYE】日本の魂「ふんどし復活」の予兆

【夕やけ大衆EYE】日本の魂「ふんどし復活」の予兆

icon
Catch Up
キャッチアップ

【夕やけ大衆EYE】日本の魂「ふんどし復活」の予兆

今では一部の「祭り」でしか見ることができなくなってしまった「男のふんどし姿」ですが、ここにきて「あること」をキッカケにして復活の兆しが見えてきました。

そのあることとは「夏の海」に関係します。

実は、近年の地球温暖化の影響で日本の近海にもオゾマシイ「サメ」が出没するようになってしまったのです。

そうです。たとえ近場の海でも呑気に遊泳なんぞをしているとサメに食われる可能性が出てきたのです。

しかしながら「サメとふんどし」にどんな関係があるというのでしょうか。

実はあるのです。

なぜならサメは「自分よりも大きな動物は襲わない」習性があるからです。

例えば、泳いでいるときに、いきなりサメが現れたとしましょう。

即座にふんどしを解き放ち、ゆっくりと前方に泳いで行ってください。

するとどうでしょう。

ふんどしの布の部分が後方に流れて「己の全長が3メートルほどになっている」ではありませんか。

こうなれば少なくとも3メートル以下のサメに食われることはありません。

しかし、どんなに大きくなっても注意しなければならないことがあります。

それは、テンパって小便やクソを漏らさないようにすることです。

サメは血液だけでなく、汗や小便の匂いにも過敏に反応するからです。

ゆえに海に入る前はしっかりと「用をたしてから」にしてください。

バレないからと言って海でクソ小便をする輩は確実にサメに食われます。

中高年の皆様、万が一海へ行くときには「ふんどし」を持参しましょう。

文責:編集長原田

  • 【夕やけ大衆EYE】日本の魂「ふんどし復活」の予兆

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画
特選素人娘マル秘動画

FANZA新着動画一覧 >>
icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE