• twitter
  • RSSリーダーで購読する

icon
Popular Keywords
現在人気のキーワードタグ

icon

桃色コラム

「憧れの女性とSEX」できる“魔法のコツ”

icon
Catch Up
キャッチアップ

「憧れの女性とSEX」できる“魔法のコツ”

 簡単には手を出せない相手。そんな“高嶺の花”を口説き落とす、魔法のテクを徹底検証。すぐに試すべし!

 かつては“20世紀最後の正統派アイドル”と評された女優Y・Tの不倫騒動が、日本男児の心を刺激している。「驚いたのは不倫相手。妻と3歳の娘がいる、ごくフツーの“お父さん”なんです。若かりし頃からY・Tのファンで、たまたま居酒屋で知り合うや積極的にアプローチ。不倫とはいえ、見事、憧れの女性とセックスしたわけですから、男心を揺さぶった事件と言えます」(夕刊紙記者)

 もし、あなたが大好きだった芸能美女を口説き落とせたら、いや、芸能美女に限らず、恐れ多くて手を出せなかった美女と一夜を過ごせたら――。

 そんな「憧れの女性とSEXできるコツ」を、あらゆる角度から徹底取材した。

 まず重要なのは、今の関係だ。たとえば、職場の同僚や昔からの飲み仲間、趣味のサークルにいる女性など、いわばグループでのつきあいがある場合。「いつもグループで飲んでいるのに、ある日突然、1対1のデートに誘われて、ドキッとしたんですよね」

 こう話すのは、人妻で介護ヘルパーの美咲さん(37)。人懐っこい雰囲気とFカップの巨乳がまぶしい、かなりの美女だ。

 大の酒好きで毎週、地元の飲み仲間と居酒屋で飲んでいるという。美咲さんはマドンナ的な存在だろう。「年齢も職業もみんなバラバラ。その中に62歳で“昭和をこよなく愛す”がモットーのトラックの運転手さんがいるんです。基本的に物静かな人なんだけど、今年の初め、珍しく、その人から“2人きりで飲みに行きたい”ってメールが届いたんです」

 当然と言えば当然だが、女性を口説くには、1対1の場面を作らねばならない。恋愛のタイマン法則である。

 AV女優の北条麻妃さんも、こう語る。「正々堂々とデートを申し込む男性は、意外と少ないんですよね。仕事のついでに飲みに行こうとか、共通の知人も交えて、どこかに出かけようとか……それはそれで楽しいんですけどね。逆に何の理由もつけず、ズバッと誘われると、男らしいなぁと感心します(笑)。それに、その時点で女も“狙われている”ことを察するので、セックスすることを一度は想像するんですね」

 事実、美咲さんも彼の男らしさにひかれて一晩を過ごしてしまったというから、1対1に持ち込む勇気を出せば、一気に勝負は決まるのだ。ちなみに、こんな医学的知識も覚えておきたい。「生理学的に、人間の体は夕暮れ時に最も高ぶります。夜に向け、体温も脈拍も呼吸も低く鎮静化していくため、このとき人は生物本来の“種族保存本能の営み”に駆られやすくなるんです」

 と話すのは、性感研究の第一人者で医学博士の志賀貢氏。口説きのゴールデンタイムをうまく活用しよう。

 職場にいる憧れの美女OLを狙うなら、次のコツも覚えておきたい「職場の飲み会が終わった後、一人で駅に向かっている途中、男性上司から“2人で、ちょっと飲み直さない?”と電話があったんです。なんで私はあのとき、OKしたのかなぁ(笑)。よく分からないまま、ホテルまでついていっちゃった」

 こう照れ笑いするのは不動産会社勤務の佳奈子さん(34)。黒木メイサ似の美女なのだが、この夜は魔が差したのだという。実は、大勢での飲み会後を利用するのも、テクニックなのだ。「女性は大勢の男性が目の前にいるとき、防衛本能で警戒心を強めるんです。モテる女性ならなおさらです。ゆえに、飲み会などが終わった後は警戒心が解かれ、無防備になりやすい。お酒を飲んでいれば性的な欲望も高まっているので、危ないんです」(志賀氏)

 これぞ、J(女性)アラート性交システムである。

 もう一つ、今回の取材で多かったのは「職場の倉庫で男性と2人で作業しているうちに変な気になって、キスをしてしまった」(アパレル関係・26)や「昔からの知人男性が引っ越しをするので彼の部屋で片づけを手伝っていたら、妙な雰囲気になって、最後までいってしまった」(人妻・42)というものだ。

「心理学の理論では閉鎖された空間にいるほど人間の心は均衡を失って、“異常”をきたすことが多いんです。特に女性の場合、これが強い。しかも心の均衡が失われると性的な衝動が刺激されて、気づまりはあっても、ある種の快感を得るといわれています」(志賀氏)

 この狭くてドキドキ作戦は、エレベーターで女性と2人きりのときもチャンス。

 では次に、店の女性を口説くコツを検証しよう。かわいい店員さん目当てに不要な買い物をした経験は、多くの男性にあるはずだ。「そのお客さん(50代)とセフレになってしまったのは、本当に些細なことがキッカケでしたね」

 と話すのは、スーパーのレジ係をしているパート主婦の玲子さん(39)。黒髪ロングに知的な眼鏡の似合う、清楚系の奥様だ。「夏場、レジの近くで花火セットを販売していたんです。それを見て、お客だった彼は“すごいたくさん入っているね”って、話しかけてきたんです」(前同)

 突然のことに驚き、“変な人”という印象が残ったが、その後、たびたび彼とレジで話すようになった。「ある夜のことです。私が勤務を終えて、スーパーのお弁当を買って帰ろうとしていたら、彼とバッタリ。“一人で弁当食うぐらいなら、飯をおごってやる”と半ば強引に(笑)」(同)

 美人店員だけにレジで男性客から誘われることもあったが、ここまでハチャメチャなタイプはいなかった。「その彼とエッチしたのも、好奇心ですよ。変わり者だから、どんなことをされるんだろうって。まあ、予想通り、かなりの変態で、お風呂場で“オシッコ飲ませて”と言われました」(同)

 そんな変態をセフレにするのだから、美人は分からない。とはいえ、店の女性を口説くには、何よりも印象に残ることが第一条件。変なおじさん作戦である。

次ページ >>
人前で女性を口説く意外効果…
  • 「憧れの女性とSEX」できる“魔法のコツ”

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画
特選素人娘マル秘動画

FANZA新着動画一覧 >>
icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE