• twitter
  • RSSリーダーで購読する
icon

桃色コラム

人前で女性を口説く意外効果…

icon
Catch Up
キャッチアップ

人前で女性を口説く意外効果…

 フラワーショップで働く莉緒さん(26)は、40代の客との経験があるという。「毎週うちの店に来て、黄色い花を一輪だけ買っていくんです。そのうち私も彼のために、黄色のかわいい花を意識して置くように」

 なぜ黄色なのか。そんなミステリアスな部分にもひかれたという。さらに、「彼からデートに誘われたんですけど、そのとき、店には他の若い女性店員が2人いたんです。だから恥ずかしくて、その場ではやんわりと断りましたが、うれしかったんです。“私ってモテるんだよ”って(笑)」(前同)

 この女性心理に対し、北条さんはニッコリうなずく。「女は他の女性と自分を比べる生き物ですからね。他の女性がいる場で口説かれると、表向きは“困ったふり”をしつつも、自尊心が満たされるんです」

 事実、莉緒さんはその後、他の店員がいないとき、自分から「今度の週末なら時間ありますよ」と彼を誘ったという。モテるは恥だが、気分良いというわけだ。

 だが、花よ蝶よとかわいがられ、数々の客から口説かれるキャバクラ嬢は違う。「私が知る限り、店の女の子とヤレているお客さんは寡黙な人が多いです。会社の人たちと飲みに来ても、席の一番端っこに座って、黙っているような……」

 と言うのは歌舞伎町のキャバクラで働く夏帆さん(24)。実はコレも一種の印象に残るタイプなのだ。「たいていの人は酔っ払って饒舌になり、ノリノリ。そんなお客さんばかり見ている分、無口な人が印象に残るんです。しかも、次に一人でやってきて、場内指名されるとうれしいんですよね。あのときは静かだったけど、“私のことが気になってた?”って(笑)」(同)

 意外性をどこまで上手に見せられるかが、プロの女性をゲットするコツだ。

 最後に、近所に住む美女など「顔見知り」くらいの女性を口説く方法。まずは、同じマンションに住む男性(50)と浮気した人妻・博子さん(43)の話。「ゴミ出しで、何度か顔を合わせていたんです。最初はあいさつする程度でしたけど、徐々に軽い立ち話も始まって……」

 これを心理学では単純接触の原理と呼ぶそうだ。「人間は同じ時間に同じ人と会うなどの“繰り返し”行為があると、次第に、その接触を待ちわびるようになるんです」(志賀氏)

次ページ >> “時間限定”でハードル低下!…

  • 人前で女性を口説く意外効果…

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画

icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE