• twitter
  • RSSリーダーで購読する

icon
Popular Keywords
現在人気のキーワードタグ

icon

桃色コラム

ネオン街の「エッチなボッタクリ」最新実例集

icon
Catch Up
キャッチアップ

ネオン街の「エッチなボッタクリ」最新実例集

 男の下心につけ込み、法外な金額を請求してくる“夜の罠”。年々狡猾さを増すその犯行手口を紹介する。

「お兄さんは私のタイプだから、これからも関係を続けていきたい。ナマでしていいから、半年分のピル代をくれない?」 いざ挿入という場面で、20歳のギャルにこう囁かれてしまったら、アナタならどうするだろうか――。

 実は、これは今、ネオン街で大流行している“ピル代詐欺”という新手のボッタクリの口説き文句なのだ。「ピルは1シート(1か月分)で2000円くらいだから、半年分1万2000円。“その程度なら”って払ってくれるオジサンは多いよ。ほんと、男の人って単純。同じことを他の人にも言っているのに(笑)」

 こう楽しそうに笑うのは、援デリ(素人の援助交際グループ)でバイトをするユリちゃん。小柄ながらEカップのロリ巨乳で、エロエロオーラがムンムン。確かに、この彼女とナマでできるとなれば、世のお父サンは財布のひもを緩めてしまうかもしれない。

「もちろん、ピル代を払ったところで次回はない。援デリなんて、すぐに電話番号を変えるので、二度と、その女の子とナマでヤレるどころか、会うこともできません」(風俗ライター) なんとも悲しい話だが、客も脅されたわけでもないので、“騙された”と諦めて泣き寝入りするしかない。

 実は昨今、ネオン街では、この手の新たなボッタクリが急増しているという。従来のボッタクリ風俗といえばタケノコ剥ぎ的に、フェラは1万、挿入は2万などと、プレイ開始後に料金を上乗せ請求されるケースが多いが、今は違うのだ。「男のほうもボッタクリとは知らず、自らの意思で金を払っている。あとになって“あれは、ボッタクリだった?”と気づくケースが多いですね」(前同)

 その典型と言えるのが、歌舞伎町や池袋の繁華街で最近増えている“ナンパ待ちボッタ”だ。「歌舞伎町の近くで、2人組のかわいい女の子がいたんです。僕は友人と一緒だったので久しぶりにナンパをしようかとなって……」 こう話すのは、男性美容師のHさん(38)。

 声をかけると、女の子たちも酔っている様子でノリノリ。「じゃ、飲みに行きましょうよ~」と誘いに乗ってきた。聞くと、彼女たちはともに21歳で女子大生。見た目はやや派手なギャル系だが、水商売的な匂いもなかった。「1軒目は近くの安居酒屋で飲みました。2対2だったので友人とトイレで“おまえ、どっちにする?”なんて打ち合わせもして。うまくいけばお互いヤレるかも、と……」(Hさん)

次ページ >>
高級酒をガブ飲みされて14万
  • ネオン街の「エッチなボッタクリ」最新実例集

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画
特選素人娘マル秘動画

FANZA新着動画一覧 >>
icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE