• twitter
  • RSSリーダーで購読する

icon
Popular Keywords
現在人気のキーワードタグ

icon

桃色コラム

  • TOP
  • 桃色コラム
  • ゴマキの弟も被害に!?「刑務所イジメ」の壮絶実態

ゴマキの弟も被害に!?「刑務所イジメ」の壮絶実態

icon
Catch Up
キャッチアップ

ゴマキの弟も被害に!?「刑務所イジメ」の壮絶実態


1億総活躍社会を目指すと政府はぶち上げたが、そんな景気のいい話は、いったい、どこに転がっていることやら。それが読者諸兄の本音ではと、いらぬ推測をしてしまうのは、他ならぬ本稿を書く記者がそう思っているから。とは言うものの貧乏暇なしと、様々な現場を取材していると、「金もなく、まともな仕事もないなら、いっそ最低限、衣食住の揃った刑務所にいたほうがマシなのでは」なんて不心得者の言葉を聞くこともある。もちろん妄言と一笑に付すのは簡単だが、刑務所のほうがシャバより居心地がいいかもしれないなどと考える人間がいるのは少々問題である。

しかしながら、実際のところ、どうなのだろう。「はっきり言って、大きな勘違いですね。刑務所に入ったところで、良いことは何もないですよ」と話すのは、この春まで「LA級」と分類される東日本の某刑務所で服役していた木戸正平氏(32・仮名=以下同)。ちなみに「LA級」とは初犯で執行刑期が8年以上の者を収容する刑務所のこと。「たとえば、強姦と強盗は刑期がほぼ同じなんです。だけど、強姦は人に言いにくい。それでいざ入所し、何をしたかと聞かれて、つい“強盗”と答えたとする。気持ちは分かりますが、こういった嘘ひとつから、イジメが始まります」(前同)

そして、この言葉を補足してくれたのは、昨秋、黒羽刑務所を出たばかりの小林直人氏(31)だ。ちなみに黒羽刑務所は「A級」で執行刑期が8年未満の者を収容する。誰もが行く可能性のある刑務所である。つまり、小林氏の言うことは、刑務所での服役が決まれば、まず誰にも当てはまる話ということだ。
次ページ >>
ゴマキの弟も被害に!?「刑務所イジメ」の壮絶実態
  • ゴマキの弟も被害に!?「刑務所イジメ」の壮絶実態

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画
特選素人娘マル秘動画

FANZA新着動画一覧 >>
icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE