• twitter
  • RSSリーダーで購読する

icon
Popular Keywords
現在人気のキーワードタグ

icon

桃色コラム

  • TOP
  • 桃色コラム
  • 本格老舗ストリップ劇場がピンチ!? TSミュージック「立ち退き危険」の真相

本格老舗ストリップ劇場がピンチ!? TSミュージック「立ち退き危険」の真相

icon
Catch Up
キャッチアップ

本格老舗ストリップ劇場がピンチ!? TSミュージック「立ち退き危険」の真相

「オープンから38年。こんなトラブルは初めてで、困惑しています」
こう激白するのは、老舗ストリップ劇場「新宿TSミュージック」の店長、岡野健太郎氏だ。
大阪発のストリップ劇場「OS」に対抗し、東京のストリップで「TS」と掲げ、1977年、新宿歌舞伎町に開店した同店。"レジェンド"たる大衆芸能の聖地が今、立ち退き危機に瀕しているのだ。
「発端は、2013年1月、うちの踊り子数名と私が、公然わいせつ罪で摘発され、8か月間の営業停止処分を受けたことです。8か月間、収入がないので家賃が払えない。そこで、大家さんに"家賃を、保証金から立て替えてもらえないか"と相談すると、承諾いただいたので、そうしてもらいました」(岡野氏)
保証金は約2850万円。今契約すれば1000万円程度が相場だが、38年前に賃貸契約を結んだ時点の商習慣の名残で、かなり高額に上っているという。
「とはいえ、大家さんには、"営業を再開すれば、分割払いで充塡する"と約束していました」(前同)
13年末、晴れて営業再開。客足も順調だった。返済も開始し、残り3か月分を払うだけとなった14年3月、しかし事件は起こった。
「突如、大家の代理人の弁護士事務所から、家賃不払いを理由に、ビルの明け渡し請求の通知を受け、裁判を起こされました」(同)
長年のつきあいゆえ、"口約束"で返済をするも、そんな話はなかったと原告は主張。問答無用で、立ち退きを求められた。
去る9月、東京地方裁判所が下した判断は、被告敗訴。だが、岡野氏は首をかしげる。
「判決文を読むと、賃貸契約や立ち退きの正当性とはまったく無関係に、ストリップ劇場への蔑視を盛り込んで、根拠の一部としているように見えるんです。しかも、〈AVに100本以上出演したストリップ嬢もいた〉〈警視庁に昨年5月と8月、『全国の劇場の中でも過激で、このまま東京五輪が開催されれば日本の恥になる』などと匿名の相談が寄せられていた〉と、ネットに出ていた真偽不明の記事をそのままコピーして貼り付け、判決文の一部としていたんです」(前同)
司法は、"エロスは悪"という心象で、かつ、お手軽に立ち退きを是としたのか。
現在、TSミュージックのある歌舞伎町では、ボッタクリが横行。外国人観光客も多数、被害に遭っている。
「客引きたちは"1時間3000円のストリップバー"と言って、客を無許可の違法スペースへ誘導。そこで、1時間で3万円の請求をするなどは日常茶飯事です。そうしたことからの風評被害もあり、"おたくは大丈夫か?"と不安を感じながら来店される外国人の方も多数いますが、うちは明朗会計で、前払いの入場料のみ。楽しんで、帰っていただけています」(同)
つまり、きちんとした老舗が営業できれば、日本のためになる、ということ。
現在もTSミュージックは営業中。"裸の芸能"の行く末は、2審にゆだねられている。
  • 本格老舗ストリップ劇場がピンチ!? TSミュージック「立ち退き危険」の真相

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画
特選素人娘マル秘動画

FANZA新着動画一覧 >>
icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE