• twitter
  • RSSリーダーで購読する

icon
Popular Keywords
現在人気のキーワードタグ

icon

桃色コラム

  • TOP
  • 桃色コラム
  • 美人妻(恥)告白 勢頭三枝さん「処女を捧げるつもりでいた初恋の人に似ていたから…」

美人妻(恥)告白 勢頭三枝さん「処女を捧げるつもりでいた初恋の人に似ていたから…」

icon
Catch Up
キャッチアップ

美人妻(恥)告白 勢頭三枝さん「処女を捧げるつもりでいた初恋の人に似ていたから…」

勢頭三枝さん(43歳)
結婚14年目の有職主婦。夫は地方公務員。子供1人。スレンダー美人。


少し早めの職場の忘年会で、近場の温泉ホテルに1泊旅行に行きました。二次会も近所のカラオケスナック。でも、歌が苦手な私は、忘れ物を部屋に取りに行くフリをして、ホテルのバーへと足を向けました。すると、そのバーで高校時代の初恋の人・T君によく似た男性と出会ったのです。

彼、南田さんは仕事が一段落したらしく、一人でリラックス状態、ちょっと酔っているようでした。「世の中、ひどいことになっていますが、私のような下々の民は、いまを生き抜くことが大事です。そんな下々の民のために乾杯!」年齢は私よりちょっと上のナイスミドル。どちらからともなく接近し、お互い既婚か未婚か、また家庭や仕事のことなど一切、口にせず、聞かず……。そんな距離感も心地よくて、お酒も楽しく弾みました。

途中、何度か後輩のS子やM美から二次会に早く来るよう、携帯にメールが入りましたが、私は無視。それでも最初は、初恋の人に似た彼との心地よい時間を楽しんでいただけで、それ以上のことを考えていたわけではありません。けれど……。

「三次会は、ぼくの部屋でいかがです。お土産に買ってきた美味しいワインを、貴女と一緒に飲みたいし」と、彼が私のぶんの勘定もさりげなく払ったとき、<後悔しないかも。そう、初恋の彼と結ばれる夜よ>と、心の中で勝手に考えてしまったのです。

実はその昔、初恋の彼に処女を捧げるつもりでいたのに、それを果たせなかった私は、ずっと胸の中で後悔していたのでした。
次ページ >>
美人妻(恥)告白 勢頭三枝さん「処女を捧げるつもりでいた初恋の人に似ていたから…」
  • 美人妻(恥)告白 勢頭三枝さん「処女を捧げるつもりでいた初恋の人に似ていたから…」

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画
特選素人娘マル秘動画

FANZA新着動画一覧 >>
icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE