• twitter
  • RSSリーダーで購読する

icon
Popular Keywords
現在人気のキーワードタグ

icon

ただいま取材中

  • TOP
  • 夕やけちゃんねる
  • 【神楽坂文人のAV女優インタビュー】本多そらの巻 「ソフト・オン・デマンドに中途入社して3年目の美形、美ボディー社員がAV出演!『撮影されることの楽しさと気持ちよさを知っちゃったんです』」

【神楽坂文人のAV女優インタビュー】本多そらの巻 「ソフト・オン・デマンドに中途入社して3年目の美形、美ボディー社員がAV出演!『撮影されることの楽しさと気持ちよさを知っちゃったんです』」

icon
Catch Up
キャッチアップ

SOD女子社員の本多そらちゃんは制作部に勤務する優秀な社員だが、エッチへの好奇心も勤勉! パッケージ写真だけの代役を頼まれただけなのに、かわいく撮影をしてもらいたいという気持ちが芽生え、ついにはAV出演も果たしたのだ。

これまで4本の出演作が配信。一体、どのような状況、心境で、リアル女子社員がAV出演をしているのか直撃した!

――ソフト・オン・デマンドには2022年9月に中途採用ですか。そもそもアダルト関係の会社に入った理由はなんですか?

「大学卒業後にネイルの仕事をしていたんです。でも、人間関係が難しくて、事務仕事ができる会社を探していたらソフト・オン・デマンド(以下、SOD)が社員募集をしていたので応募しました」

――事務と言えどもアダルト関係の会社ということは知っていたんですか?

「知っていました。採用後は総務部に入ったんですが、かわいい女優さんたちと一緒に仕事がしたくなり、上司に打診して制作部に異動させてもらいました。いまはアシスタントプロデューサー(以下、AP)です」

――APとしては、どういう業務をしているんですか?

「作品の企画出し、監督への発注、撮影の予算組み、スケジュールの調整など、いろんな業務をしています」

――現場の駆け出しは、どこも大変です。AVは観ていたんですか?

「観ていました。何故か巨乳作品が好きなんです(笑)。おっぱいは全部好きなんです」

――ははは(笑)。女性でもおっぱい好きはいますから。社員なので、いきなりエッチなことを聞くのもはばかられるので、簡単なプロフィール紹介から聞きます。趣味はなんですか?

「ヒッポップダンスです。いまは忙しくてはあまりやらなくなったんですけど、たまにやっています。最初はダンススタジオに通っていたんです。あとはキャンプに行きます」

――アクティブですね。

「それと、この仕事をしているから映画も観るんです。コメディーやアクション系の作品が好きなんです」

――社員に聞くのはちょっと悪いんですけど、好きな男性のタイプは?

「余裕がある年上の人がいいんですけど、私と波長が合えばいいです。一緒にいて居心地がよくて楽な人がいいですね。沈黙が苦じゃないみたいな」

――容姿の好みは?

「容姿に対しては、そこまで重要性はないですけど塩顔系が好きです」

――実は秋葉原のショップでイベントをやったことがあるんですね。

「今年の4月と6月にやりました」

――その時にファンはどう接しているんですか? 本多さんを社員として見ているのか? それともすでに女優さん扱いしているのか?

「もちろんSOD社員なので、社員として接してくれる人の方が多いイメージです。私が社員なのでファンの方は、女優さんと会う時みたいに緊張したりしないからかなぁと思います(笑)。Xでも仕事のこと、食事のことまで気遣ってくれるんですよ」

――APは忙しいですからね。そうは言いつつも、イベントだと女優として見られているじゃないですか。要するにエッチな対象として見られていますよね。

「社員としてはもちろんですけど、セクシー女優としても見られてるから恥ずかしい時もあります」

――本多さんは社員として見られたいのか、女優として見られたいのか、どちらで見られたいですか?

「将来的に、もしかしたらセクシー女優になった時は女優として見てほしいです。自分の会社にも、こういう社員がいたらどうなのかと想像を膨らませて見てほしいです」

――想像もチ〇チンも膨らましますよ。そこでAVに出演した理由はなんですか?

「もともとかわいい女性が好きで、弊社専属女優のMINAMOさんや小倉由菜さんが好きなんです。それで、先ほども話しましたが、女優さんと一緒に仕事がしたくて制作部に自ら異動を申し出たんですけど、ある撮影で出演女優さんが来られなくなったんです」

――あるある話です。

「そこで急遽、その女優さんの顔だけは写真をあとで合成するから、パッケージ写真だけの代役を頼まれたんです。最初は不安でしたけど、意外と上司や同僚からほめられ、撮影されることの楽しさと気持ちよさを知っちゃったんです」

――APといえば黒いシャツに黒いデニム姿の地味な日常です。

「そうなんです。それで内に秘めていた顕示欲が増して、私も表舞台に立ちたい、かわいく撮影してもらいたいという気持ちが芽生えて、最終的には自分からAV出演を希望しました」

次ページ >>
とはいえ、スタッフ、監督など、これまで一緒に仕事をしてきた人たちだから恥ずかしくなかったですか?――【神楽坂文人のAV女優インタビュー】本多そらの巻!

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画
特選素人娘マル秘動画

FANZA新着動画一覧 >>
icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE