• twitter
  • RSSリーダーで購読する

icon
Popular Keywords
現在人気のキーワードタグ

icon

桃色コラム

人妻たちの「秋の不倫SEX」禁断のセキララ白書

icon
Catch Up
キャッチアップ

人妻たちの「秋の不倫SEX」禁断のセキララ白書

寂しいのは心なのか体なのか、女心は複雑です。でも熟した体はこんなに正直。秋の夜に女たちは何を想い、惑うのか

太陽がギラギラ輝く夏が若者たちの恋の季節なら、瞬く星の夜に人肌恋しくなる秋は不倫の季節――。
今回の300人アンケートで〈現在不倫をしている〉もしくは〈過去にしたことがある〉と答えた奥様は49%。約半数が不倫経験ありという驚くべき結果になった。未経験の奥さまも不倫願望が〈ない〉ときっぱりと答えた方は5人に1人もいない(グラフQ1とQ2参照)。



アンケート用紙の書き込み欄に、
「(セックス目的の)浮気はしたいと思わないけど、燃えるような恋愛はしたい」(Y代さん・39)
「今、働いている職場に好意を持っている男性がいます。自分から一線を越える勇気はありませんが、もし彼に誘われたら……。自分でも、どうなるかわかりません」(T実さん・43)
こんな物騒な(!?)コメントも。

不倫に走った理由は〈夫への不満〉や〈相手が好きだったから〉が多いのだが(グラフQ3参照)、色白でしっとりとした美人妻の岩沢琴美さん( 36・仮名=以下同)も、この二つがミックスして不倫に至った。
きっかけは昨年秋、結婚前につきあっていたWさん(39)から「仕事で上京するんだけど、ちょっと会えない?」と電話があったことだった。

「静岡県K市に住んでいるWさんは、夫と結婚の両天秤をかけた男性でした。結局、大手企業に勤めていて結婚の条件が良かった夫を選んだんですが、結婚後も、ときどき彼のことは思い出していたんです」
迷ったあげく、彼の泊まっているホテルで会ったのだが、その夜、彼女は彼の前で2回泣いたという。

1回目はホテルのバーで飲んでいるときだった。
「夫とは結婚生活があまりうまくいってないの。話をすることもほとんどなく、今は寝室も別々だし……。それに、会社の女性と浮気をしてるみたいで……」
7年ぶりに再会したWさんに、こんな打ち明け話をして「やっぱり、あなたと結婚すれば良かった」と口にすると、思わず涙が出た。そしてその夜。彼が泊まっているホテルで体の関係を持ったという。

「最初は子どもを産んで体の線が崩れたことにためらいがあったんですが、下着を脱ぎ捨ててベッドに入ると、もう何もかも忘れて彼に飛び込もうと……」
夫とは2年前からセックスレス。自分の中にWさんを受け入れると、すべてを忘れて体の快感だけを追い求めていた。彼の「いくよっ!」という声と同時に、彼女も「ああっ!」と悲鳴に似た声を出して、体を大きく仰け反らせていた。

「一瞬、頭が真っ白になり、体がヒクン、ヒクンと勝手に動いてるんです。それでゆっくり潮が引いていき、彼の胸に顔を埋めていると、なぜか涙が出てきたんです。あの涙は、すべてが満たされた幸せの涙でした。実は今年も、この10月にWさんが上京するんです。今から楽しみです」(琴美さん)

不倫をした理由で意外に多いのが〈相手の求めに応じて〉だった。
この春から4歳の子どもを幼児教室に通わせている永井小夜さん(29)が、まさにこのケースだ。明るい茶色に染めたロングヘアで、話しぶりもギャルママそのものだ。
「子どもとずーっと一緒にいるのって、しんどいじゃないですか。ま、そういうのもあって教室に通わせてるんですけどぉ、実は、この幼児教室の先生(31)から熱烈に迫られたんです。私のこと一目見たとたん、どうしようもなく好きになったというの。もちろん最初は断りましたよ~。でも、私も結婚して子どもができてから息抜きが全然ないじゃないですか。まあ、1回くらいいいかな~と思って」
次ページ >>
人妻たちの「秋の不倫SEX」禁断のセキララ白書
  • 人妻たちの「秋の不倫SEX」禁断のセキララ白書

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画
特選素人娘マル秘動画

FANZA新着動画一覧 >>
icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE