• twitter
  • RSSリーダーで購読する

icon
Popular Keywords
現在人気のキーワードタグ

icon

桃色コラム

  • TOP
  • 桃色コラム
  • 「現役女子大生がサービス」摘発された超高級売春クラブが人気だった理由

「現役女子大生がサービス」摘発された超高級売春クラブが人気だった理由

icon
Catch Up
キャッチアップ

「現役女子大生がサービス」摘発された超高級売春クラブが人気だった理由

7月7日、警視庁保安課は「現役女子大生専門店」などと謳った売春店を経営したとして、大阪府堺市の風俗店経営者(32)ら6人を売春防止法違反の疑いで逮捕した。その逮捕容疑は6月29日、東京都渋谷区のホテルに無職女性(18)を派遣し、客の男性会社員(44)と売春させた、というものだ。

逮捕された6人は2店舗の風俗店を経営。ともにデリヘル店を装っていたが、実態は派遣型の売春クラブだった。このうち1店舗は現役女子大学生専門店として、もう1店舗は現役モデルが在籍する店として風俗マニアの間ではかなり有名な存在だった。この両店に在籍する70人の女性のうち、確かに約30人は現役の女子大学生だったという。

ちなみに料金は女子大学生専門店が120分7万円、現役モデル在籍店が120分15万円とのこと。ただでさえかなり高いと思われる料金設定だが、他にも3時間22万円のコースや、コースに入って一晩で65万円も使う客がいるなど、利用客は後を絶たなかったというから驚かされる。2013年5月からの2年間でなんと約3000人もの客が利用、その間の売り上げは実に約2億円にものぼるようだ。

「現役○○」を謳い文句にした風俗といえば、今年2月には“現役女子高校生をマジックミラー越しに眺めることができる”ことをウリにした店舗が摘発されたのが大きな話題となった。

摘発されたのは「現役」女子高校生を労務させていたからにほかならないが、こちらの料金は30分3000円ほど。だが、追加料金を払った客には下着を見せるなどのサービスも行っており、相当な人気を得ていたようだ。

男性客の利用は夕方が多く、風俗に詳しいライターなどに話を聞くと、

「夕方の下校時間にリアルな女子高校生を眺めて、その勢いで来るマニアが多かったのでは」

と分析している。このリアルとの地続き感が、どうやら「現役」の持つ魅力のひとつなのかも知れない。

“現役女子高校生”を謳ったビジネスは摘発が相次いでいるが、店舗自体は減ることがなく、当局とのイタチゴッコが続いているというのが現状だ。

たとえサービスの内容が同じでも「現役OL」「現役看護師」「現役スッチー」など、「現役◯◯」という謳い文句がつくのとつかないのとでは、どうやら人気に大きな違いが出る様子。それに乗じて「現役人妻」「現役素人」など、ちょっと理解に苦しむ「現役」まで出てきてるというから、「現役◯◯」げに恐ろしや、というところだろう。
  • 「現役女子大生がサービス」摘発された超高級売春クラブが人気だった理由

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画
特選素人娘マル秘動画

FANZA新着動画一覧 >>
icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE