• twitter
  • RSSリーダーで購読する

icon
Popular Keywords
現在人気のキーワードタグ

icon

AV女優インタビュー|AV女優インタビュー

  • TOP
  • ピックアップ
  • 【オヤジがAV女優インタビュー】田原凛花さんの巻「普通の奥様が夫に内緒でAVデビュー」

【オヤジがAV女優インタビュー】田原凛花さんの巻「普通の奥様が夫に内緒でAVデビュー」

icon
Catch Up
キャッチアップ

【普通の奥様が夫に内緒でAVデビュー】

女性には「複数の顔」があるといいます。

例えば、少女の顔、彼女の顔、妻の顔、母の顔、そして「オンナの顔」です。

これに対して男性のほうは年を取れば「姿形が老ける」だけで精神年齢は「中2の頃」からほとんど変わっていません。

その証拠に女性は1才、年齢が変わるだけで「読む雑誌」が全く変わってしまいますが、男性は小学生から50のオヤジまでが『少年ジャンプ』でマスをかくことができます。

つまり、男はボンヤリしていると「女性の変化」に気がつかないのでいるのです。

さらにボンクラになると「子育てに奔走している妻」に対して「彼女時代と同等の扱い」をしたりします。

当然、母になった女性と「永遠の中2」では意見が合いません。

ゆえに、男のワガママが過ぎると、ナベやヤカンで張り倒されたりします。

いやいや、張り倒されるぐらいなら、まだマシといえましょう。

もっとヤバいのは、女盛りの奥様を「飯炊き女房扱い」することです。

このような扱いをされると、どんなに「仏」と言われる女性でも「鬼」と化します。

結論を申し上げますと、男性は常に「女性の変化に敏感」でなければならないわけです。

そして今、私、オヤジ記者の目の前に妙齢の美しい女性がいらっしゃいます。

お名前は田原凛花さん

インドカレーと餃子とハンバーグと唐揚げが大好きな35歳の奥様です。

大阪在住で2つ年上の旦那様と今年3歳になったかわいい息子さんがいらっしゃいます。

結婚生活は4年目。普段はパートで「子供英会話教室」に勤めてらっしゃるそうです。

一見、どこにでもいるごくごく普通の奥様です。

しかし彼女は、今年の5月に「旦那様に内緒」ソフト・オン・デマンドからAVデビューを果たしていたのです。

「普通の主婦が夫に内緒でAVデビュー」

嗚呼、なんてイヤラしい響きなんでしょう。

あまりのイヤラしさに金玉がデングリ返りそうです。

しかも、彼女は「AVに出演した理由」をこんな風に語っているのです。

「もう一度オンナとして輝きたかったから」

いったい、この美人妻に何があったというのでしょう。

今回も夕やけ大衆オヤジ記者がお節介なことは百も承知で根掘り葉掘りお伺いさせていただきました。

【もう一度、オンナとして輝きたい】

さて、もう一度、田原凛花さんの容姿をじっくりと見てみましょう。

誰がどう見ても「美人妻」です。

おまけに性格はとても明るくて、たとえ我々シニアが「苦虫を噛み潰したような顔」をして歩いていても元気に声をかけてくれそうです。

そうなのです。

彼女はすでに「オンナとして十分に輝いている」のです。

しかも、お胸のサイズは掟破りのGカップときています。

この上さらに彼女に輝かれたら、シニアは間違いなく「目と股間」をやられてしまうでしょう。

いったい、田原さんはこれ以上、どう輝きたいというのでしょう。

そこでストレートに彼女にコトの真相をお伺いしてみました。

「もともとは、私が夫に猛アタックをされて結婚したんですが最近、彼の愛情表現に疑問を持つようになってしまったんです」

おやおや、いきなり立ち入った話になってきました。

ひょっとして旦那様が浮気でもしたのでしょうか?

「いいえ、違います。むしろ新婚時代から変わらず情熱的です」

なんと! それでは何の問題もないではありませんか。けっこう毛だらけ猫灰だらけ、オケツの穴はクソだらけです。羨ましいことこの上ありません。

「でも、最近の情熱は『愛』とはほど遠いような気がするんです。なんと言ったらいいんでしょう。とにかく私に対する『束縛』がすごいんですよ」

束縛! それは穏やかではありませんな。

旦那様は田原さんに対して、どんな束縛をしているというのでしょう。

「まず、子供よりも『自分の用件』を優先させようとするんです。自分が家にいるときは、私がちょっとでも子供や家事に意識が向いていると、すごく不機嫌になるんですよ。それでいて自分は仕事を優先して、家族のためにあまり時間を作ろうとしないんです」

ひっ! どこかで聞いたような話です。

これはもしかして私、オヤジ記者のことではないでしょうか。

それでいて記者の場合は甲斐性がなくて給料も少ないのですから始末におえません。

クワバラクワバラッ!

「でも、そんなことはどうでもいいんです!」

おわっち! それでは何が問題なのでしょう?

「セックスです」

ひーーーっ!

「そもそも、夫のセックスはいつもワンパターンでマンネリなんです。毎回、21時50分に濡れてもいないのに挿れてきて、出したらすぐに寝てしまいます。これじゃあ、思いやりも愛情も感じられません」

ゲーーーッ!

「しかも最近はこの『21時50分のお務め』さえなくなってしまいました!」

あわわわわっ!

「私はこのままオンナとして終わりたくないんです!」

ううう。

「だからAVに出てもう一度輝きたいと思ったんです!」

ぎゃあ! もはや、何も反論することはありません。

「でも、やっぱり夫に対して後ろめたさもあるんですよ(寂)」

むぅ。やはり田原さんは基本的には根がマジメで良妻賢母のようです。

その証拠に彼女の「性に対する考え方」はあまりにも生真面目だったのです。

そこで次は、彼女の「過去の性事情」について触れてみたいと思います。

続きをお楽しみください。

次ページ >>
【田原凛花さんの性の履歴書】AV女優インタビュー 田原凛花さん

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画
特選素人娘マル秘動画

FANZA新着動画一覧 >>
icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE