• twitter
  • RSSリーダーで購読する

icon
Popular Keywords
現在人気のキーワードタグ

icon

ネオン街ニュース

  • TOP
  • お色気
  • 【ネオン街ニュース】ちゃんとやれば罪にならない犯罪

【ネオン街ニュース】ちゃんとやれば罪にならない犯罪

icon
Catch Up
キャッチアップ

【ネオン街ニュース】ちゃんとやれば罪にならない犯罪

先日、こんなニュースが世の中を騒がせました。

「芸能人の愛人になれば毎月1000万円の報酬」

報道によると51歳の男が東京都内の30代の女性に「有名芸能人の愛人になってくれる女性を探している」との話を持ちかけ「芸能人の愛人になれば毎月1000万円もらえる」と嘘の情報を流し、逆に250万円もの大金を騙し取った疑いで逮捕されたという事件です。

もちろん、愛人を探している芸能人などおらず、全くの「嘘話」でした。

しかしながらこの話、本当だったら果たして罪に問われるのでしょうか?

そこでいつものように夕やけ大衆専属の元警察幹部に子細をお伺いしてみました。

「結論から言えば、女性が自分の意思でビジネスとして愛人を希望したのであれば、額のいかんを問わずして罪に問われることは、まずないと思います」

なんということでしょう。

この男はきちんと職務をまっとうしていれば、お縄を頂戴することはなかったことになります。

しかも、元警察幹部によると「この手の事案は今後、さらに増えていく」と言います。

いったいどうしてでしょうか。

「新型コロナが長引けば長引くほど経済的にダメージを受けた者と、そうでない者の差が歴然としてきます。そうなると当然、援助する者と援助されたい者が出てくるわけです。

しかし、援助する側からすると社会的な立場もあるため「身元の不明瞭な愛人」は敬遠したい。

そもそも、ただ単に「遊ぶ金欲しさに寄ってくる相手」はいくらでもいるでしょうからね。

そこで、間に入って「身元のしっかりとした相手」を仲介する人間が出てくるわけです。

今後、この手の仲介業は右肩上がりに伸びていく可能性は高いでしょうね。もちろん推奨するわけではないですが……」

元警察幹部によると当然、そこには「女性が男性を愛人にする」というケースも少なからず出てくる可能性があるとのこと。

「ただし、このような話の9割方は、今回の事件のように『嘘』か『詐欺』だと思ったほうがいいですね。それに愛人契約は売春とは異なり、あくまでもお互いの『自由な意思』に基づくものですから、強制的な性を売り物にした場合は別の罪に問われることになります」

果たして本当に「愛人仲介業」などというビジネスが流行するのか。

そしてそれに伴う詐欺事件は増えていくのか。

今回の事件が、新たな詐欺の氷山の一角でないことを祈るばかりです。

文責:編集長原田

  • 【ネオン街ニュース】ちゃんとやれば罪にならない犯罪

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画
特選素人娘マル秘動画

FANZA新着動画一覧 >>
icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE