• twitter
  • RSSリーダーで購読する

icon
Popular Keywords
現在人気のキーワードタグ

icon

桃色コラム

  • TOP
  • 桃色コラム
  • 「ノーブラです。でも下は、はいてます」と衝撃の告白

「ノーブラです。でも下は、はいてます」と衝撃の告白

icon
Catch Up
キャッチアップ

「ノーブラです。でも下は、はいてます」と衝撃の告白

「ノーブラです。でも下は、はいてます」と衝撃の告白

 だが最近、突然の方針転換が。3月11日のトークイベントで「ノーブラです。でも下は、はいてます」と衝撃の告白をしたのだ。

「下からショットを撮られることが多くて、マネージャーさんに“ちゃんとはいてくれ!”と怒られたんです。以前、生放送にノーパンで出ていたとき、画像をスクショ(スクリーンショット)してネットに上げた人がいて、ここ(股間)の三角コーナーがアップにされていたことがあって、見えているか見えてないか分からないけど、もうダメだなと思って……」

 ノーパンの封印は残念だが、ノーブラは現在も続行中。3月10日放送の『バイキング』で、坂上忍に「ノーブラなんですか?」と聞かれ、「ノーブラです」と即答している。また最近は下乳アピールにも積極的だ。

 前出のイベントでは、「ふんわりとしたワンピース姿で登場した橋本は“セクシー感を出したくて、ここを開けてみました”と両手で、ノーブラの胸元の開いた隙間をアピール。“(両手の指は)どこをつまんでいるの?”という記者の質問に“下乳です”と回答し、その後も“自分でもお風呂とかでつまみますよ。いい下乳してるんです。触感? 大福みたいな感じです”とおっぱいトークを展開しました」(前出の記者)と、取材陣が目のやり場に困る会見だったという。

「囲み取材におけるサービス精神が、彼女の魅力の一つ」と言うのは、芸能評論家の三杉武氏だ。「私も囲み取材をしたことがあります。あれは15年11月の銀座でのイベントでした。彼女は、胸の半分以上が露出したドレスを着て登場しましたが、写真撮影のとき、誰に指示されたわけでもなく、自ら前かがみになって谷間を見せてくれたんです。周囲からは“さすが!”という声が。ポロリしてもかまわない、そんな覚悟を感じました」

 そんな橋本の快進撃のキッカケは“手拭い”だったことをご存じだろうか? 「12年に事務所を移籍し、『フライデー』(講談社)から銭湯を紹介する企画への出演オファーを受けたことが、スターへの第一歩でした」(前出の記者)

 当時のことを、2月19日放送の『チカラウタ』(日本テレビ系)で、本人は次のように語っている。「ある週刊誌のグラビアから声がかかって。ただ、挑戦してくださいと。隠すのは手拭いだけでお願いしますと。でも、人生1回だし、そこに賭けました」と、“最後の勝負”に出た経緯を語っている。

「そのグラビアは、彼女が裸で温泉に入ったり、濡れた手拭い1枚を胸元にかけただけの状態で寝そべったり、限界ギリギリで挑んだ企画。どれも、ポロリや透け乳首があるんじゃないか……と凝視してしまう写真です」(前同)

次ページ >>
初デートはヨレヨレの下着!
  • 「ノーブラです。でも下は、はいてます」と衝撃の告白

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画
特選素人娘マル秘動画

FANZA新着動画一覧 >>
icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE