• twitter
  • RSSリーダーで購読する

icon
Popular Keywords
現在人気のキーワードタグ

icon

桃色コラム

  • TOP
  • 桃色コラム
  • 由美かおるから吉高由里子まで…芸能美女「脱いじゃった瞬間」60年史

由美かおるから吉高由里子まで…芸能美女「脱いじゃった瞬間」60年史

icon
Catch Up
キャッチアップ

由美かおるから吉高由里子まで…芸能美女「脱いじゃった瞬間」60年史

 おかげさまで今年、創刊60周年を迎えた本誌。人間で言えば還暦にあたる『週刊大衆』の60年は、常に美女の裸とともにあったと言っても過言ではないだろう。日本映画に初めて女優の全裸が登場した1956年から現在まで、芸能美女の“美裸身”60年史に迫る!

【60・70年代】日活ロマンポルノ黄金時代

 日本映画に吹き替えではない女優の全裸シーンが初登場したのは1956年の映画『女真珠王の復讐』だ。女真珠王に扮した前田通子(83)が岩場に立ち、フルヌードの後ろ姿を見せつけるシーンがそれで、見えるのは背中と尻と脚だけだが、「大根足が相場だった当時の日本女性とは違い、前田は脚も長く、バストも豊満。本当に抜群のプロポーションの持ち主でしたね」

 こう解説するのは映画評論家の秋本鉄次氏。同映画で3人の漁師に襲われた彼女が、ナマ乳を両手で覆いながら逃げ惑う場面は“元祖・手ブラ”といってもいい刺激的なシーンだった。「彼女は翌年公開の『海女の戦慄』にも主演。当時は海女ものの映画がブームでしたが、海女なら裸になってもおかしくない、というエクスキューズが映画会社側にあったんです」(前同)

 やがて70年代になると「映画で女優が脱ぐのは当たり前」という時代がやってくる。先陣を切ったのが高橋惠子(62)主演の『高校生ブルース』(70年)。女子高生のセックスと妊娠というショッキングな内容の作品に、撮影時15歳だった高橋は果敢に挑戦。

「同級生の男子生徒と体育倉庫のマットの上でエッチした彼女は、まだ硬さの残る青い果実のような美乳を披露してくれました」(映画誌記者) 端正な顔立ちの彼女が思いきりよく脱ぐ一連の主演作品は、“大映レモンセックス路線”として一世を風靡することになる。

 74年には秋吉久美子(62)が映画『赤ちょうちん』で初脱ぎ。ほどよいサイズの美乳にツンと上を向いた乳首が絶品だった。

「秋吉が、結婚・妊娠したときに“卵で生みたい”という名言を残したのは有名な話。インテリで、ちょっと生意気なところが、いかにも70年代の女優らしくてよかったよね」と芸能レポーターの石川敏男氏が当時を振り返る。

次ページ >>
日活ロマンポルノがスタート。記念すべき第1作は…
  • 由美かおるから吉高由里子まで…芸能美女「脱いじゃった瞬間」60年史

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画
特選素人娘マル秘動画

FANZA新着動画一覧 >>
icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE