• twitter
  • RSSリーダーで購読する
icon

桃色コラム

処女喪失と同時にSM初体験…

icon
Catch Up
キャッチアップ

処女喪失と同時にSM初体験…

 では、50代人妻はどうか。「私たちの頃は今と違って、まだ結婚するまで処女、という考えがありましたね」と話すのは紗江さん(55)。着物の似合う美熟人妻だ。初体験は22歳、大学4年生のとき。1985年、バブルの前年だ。「同じ大学の彼氏と当時、公開されていたホラー映画『死霊のはらわた』を観に行ったんです」

 実は紗江さん、その映画のワンシーンに激しく興奮してしまったとか。「女の子が森で悪霊に追われるシーンがあって。森の木々が女の子の両足に巻きついて、脚を開かせてアソコに枝がズボッて入っちゃうんです」

 違う意味で生唾を飲んでしまったという紗江さん。「そのとき処女だった私にすれば、セックスを連想させるシーンで、体が妙に疼いてしまって……(照)。映画のあと、彼の家に誘われて、その夜、初めて彼と結ばれました。その彼が今の旦那で、大学卒業後すぐに結婚したんです」

 最後に、最も若い20代人妻の処女喪失体験秘話。「14歳のときでした。相手はゲームのアプリで知り合った28歳の男性です」と話すのは現役ナース人妻の奈緒さん(26)。この世代になると出会い系サイトは規制も入り、衰退。その一方で、モバゲーをはじめ、携帯電話のゲームアプリが若者の間で大流行した。「ゲームの中でアバター(分身)を作って、いろんな人とつながれたんです」

 彼女も近くに住む28歳の男性と仲良くなった。最寄りの駅まで車で迎えに来てもらって、カラオケボックスに行ったという。「2人きりになると、すぐに押し倒されました。しかも、オモチャの手錠で縛られたんですよね。“怖いよ”と言ったんだけど、ちょっとコーフンもしました。そういうエッチな漫画を携帯で読んだことがあって」

 20代人妻もネット世代で早熟。処女ながらもソフトSMの知識があり、抵抗なく受け入れているのだ。「処女なのに縛られて犯されている――そんな自分にゾクゾクしちゃった」

 さらに、処女喪失をプレイとして楽しんでいるから驚きだ。前出の青山さんが最後に、こう話してくれた。「女性の“処女観”は貞操観念です。簡単に処女を捨てる女性は、結婚してからもユルいんですね。つまり、人妻の初体験を知ることで不倫観も分かるんです」 どのような形で処女を失うかで、女のセックス人生も変わるのだ。

  • 処女喪失と同時にSM初体験…

icon
Linkage
関連記事

icon
FANZA新着動画

icon

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 夕やけ大衆 All rights Reserved. 風営法届出番号 第8110800026号

当サイトにはアダルトコンテンツが含まれます。
18歳未満および高校生の閲覧を禁止致します。

ENTER
LEAVE