キャッチアップ

レイプ裁判

2012年04月02日 10時00分 公開

29歳主婦を尾行して自宅に侵入 局部に洗剤を塗って犯した鬼畜 vol.1

29歳主婦を尾行して自宅に侵入 局部に洗剤を塗って犯した鬼畜 vol.1

29歳主婦を尾行して自宅に侵入 局部に洗剤を塗って犯した鬼畜 vol.1

事件調書

地元政界の実力者である母親から十分な愛情を注がれずに育った男は、やがて遊んで暮らすようになり、ついに母親から勘当を言い渡された。
無一文になった男は、万引きをしようと出掛けたスーパーマーケットで、好みの美人妻を見かけると、住まいの団地まで尾行。
彼女に襲いかかり、手ひどい凌辱を加えたが……。
※※
小宮俊(25)は典型的なニートで、高校中退後も、まったく働こうとしなかった。
だが、そんな息子とは対照的に、母親は若い頃から積極的で、しかも激しい性欲の持ち主でもあった。
実際、小宮は小学校高学年の頃、父親と毎晩のようにセックスに耽り、幾度もせがむ母親の淫らな姿を、たびたび目撃していた。
だが、小宮が中学生になった頃、父親が突然死した。
心臓発作という死因を巡って、親戚たちは、こう囁き合った。
「腹上死らしい。最中にポックリ逝ったそうだ」
夫が死んでも母親は悲嘆に暮れることもなかった。
それどころか、元来、上昇志向の強い母親は、間もなくして地方選挙に出馬した。
母親は見事に当選したが、その仕事は多忙を極め、息子の食事はインスタント食品ばかり。
さらに、成績の悪さを、世間体が悪いと罵倒する毎日だった。
「私の家系に、あんたみたいな能なしはいないんだから。死んだ亭主にそっくりね!」
その後、母親は外に男ができたのか、しょっちゅう朝帰りをするようになり、やがて小宮は、そのことが原因で学校でイジメられるようになった。
「おい小宮、お前の母ちゃん、ヤリマン議員なんだって?」
すぐに噂は街中に広まった。
嫌気が差した小宮は高校に進学したが、すぐに中退。
地元政界で中枢にのし上がっていた母親に小遣いをせびり、遊んで暮らす毎日だった。
そんな男が20代半ばを過ぎた頃、母親の不在時に自宅で開いた乱痴気パーティーで、参加者の一部が大麻を吸っていたことが発覚し、自宅に警察の捜索が入った。
当然、母親は激怒した。「よくも私の顔に泥を塗ったわね、勘当よ。もう親でも子でもない!」
とうとう小宮は家から追い出されてしまった。

04月03日公開のvol.2へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号