キャッチアップ

レイプ裁判

2012年04月10日 10時00分 公開

女子水泳部の合宿所に侵入 ナマ凌辱に及んだ水中オナニー男 vol.2

女子水泳部の合宿所に侵入 ナマ凌辱に及んだ水中オナニー男 vol.2

女子水泳部の合宿所に侵入 ナマ凌辱に及んだ水中オナニー男 vol.2

合宿所の浴室をノゾいて自慰

それから数年後、母親は介護の甲斐もなく、亀井が40歳を超えた頃に亡くなった。

母親の介護に追われながら生きてきた男は、激しい虚脱感に襲われた。
亀井は心機一転を図ろうと、それまで住んでいた家を引き払い、まったく縁のない街のアパートに引っ越した。
その引っ越し先で、男は予想外の事態に驚く。
近所にある2階建ての古い木造の建物に、なぜか20歳前後の若い女性たちが出入りしていたのだ。
その建物の看板は、女子大の、しかも水泳部の合宿所のものだった。
すぐさま、亀井の獣欲に火がついた。

"浴室を覗いて、水泳で鍛え上げた女の美しい全裸姿を見たい……"

亀井は合宿所の1階に共同浴室があることを突きとめると、雑居ビルの屋上に上って双眼鏡を共同浴室に向けた。
窓の隙間から、女子大生たちの全裸姿が見えた。
後日、望遠レンズつきのカメラを買うと、同じように雑居ビルの屋上へ向かった。
ひたすらシャッターチャンスを狙い、今度は全裸盗撮に成功。
その盗撮映像をパソコンに保存すると、男はオナニーに励んだ。
亀井の邪念は、どんどんエスカレートしていく。
ある日の夜中、ついに深夜の合宿所に忍び込んだ。
女性しか住んでいないにもかかわらず、合宿所の玄関ドアは無施錠のままだった。
亀井は黒いニット帽とネックウォーマーを使って顔を上下からすっぽり覆い、サングラスをかけていた。
服装は黒のジャージの上下と、全身黒ずくめである。
暗く静まりかえった1階の廊下の先に、ドアが少し開いた部屋を発見。
室内の気配を窺うと、住人は不在のようだった。
亀井の心臓は激しく高鳴り、苦しいほどだった。
暗がりのなかに侵入すると、タンスの物色をスタート。
そしてパンティ数枚と水着、さらに本棚から写真アルバムを奪い立ち去った。
アパートに戻ると"戦利品"を並べた。アルバムのなかには、若くて美しい女子大生たちの水着姿がたくさんあった。
その写真を眺めるているうちに妄想は膨らみ、亀井は盗んだパンティの股間の匂いを嗅ぎながら、激しく勃起したイチモツを別のパンティに包み込んでオナニーを始めた。
やがて、雲の上まで昇り詰めるような感覚があり、大量の白濁液がドロドロとパンティのなかに飛び散った。
こうしてかつて味わったことのない、痺れるような快感を得た男は、次の日、再び合宿所に侵入した。

04月11日公開のvol.3へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号