キャッチアップ

レイプ裁判

2012年04月11日 10時00分 公開

女子水泳部の合宿所に侵入 ナマ凌辱に及んだ水中オナニー男 vol.3

女子水泳部の合宿所に侵入 ナマ凌辱に及んだ水中オナニー男 vol.3

女子水泳部の合宿所に侵入 ナマ凌辱に及んだ水中オナニー男 vol.3

白濁液を膣内にどっぷり放つ

今度は懐中電灯を手に2階に上がり、いちばん奥の部屋のドアを開けた。
女性の寝息を背中に聞きながら、亀井はタンスのなかを物色した。
部屋で寝ていた相原美紗さん(20)は、微かな物音に目を覚ました。
ベッドに身を起こすと、不審者を咎め立てた。

「あんた、誰!?人を呼びますよ!」

いまにも騒ぎ出そうとする彼女を前に、男は咄嗟に考えた。
"逃げ出すより、この女を酷い目に遭わせて口止めしてやろう!"

ベッドの上の美紗さんに飛びかかって馬乗りになり、両手で首を強く絞めて低い声で脅した。
「これ以上騒げば、お前を絞め殺す!」

亀井のなかに渦巻くドス黒い欲望が沸騰し、目は血走り、吐く息も荒々しくなった。
男は美紗さんのルームウエアを一気に剝ぎ取った。
そして、パンティを強引に脱がせ、あっという間に全裸にした。
手にしていた懐中電灯で彼女の裸を照らすと、歪んだ優越感に浸りながらいった。
「さすがに水泳をやっている女だ。いい体をしてる」
怯える彼女の顔の前に、亀井はイチモツを突き出した。
美紗さんのフェラチオで激しく勃起したイチモツを抜き取ると、亀井はワレメを舐めた。
「私、彼氏がいます。コンドームがあるんで、着けてください!」
彼女は亀井にコンドームを手渡した。
「うるせえ!」
亀井はそれを投げ捨てると、ナマのイチモツで膣口を探って肉襞を貫き、根元まで埋め込んで激しいピストンを始めた。
そして、獣欲の赴くまま凶悪な白濁液を膣内にどっぷりと放った。

その後、部屋から逃走した男だが、のちに別のノゾキ事件で警察に連行され、DNA鑑定によって逮捕。
のち法廷へ。
身勝手男に厳刑が待ち受けていることは、ほぼ間違いない。
(文中の登場人物は、すべて仮名です)

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号