キャッチアップ

レイプ裁判

2012年04月17日 10時00分 公開

練習生美人OLをリングでKO 中出し姦した鬼畜拳闘ジム会長 vol.2

練習生美人OLをリングでKO 中出し姦した鬼畜拳闘ジム会長 vol.2

練習生美人OLをリングでKO 中出し姦した鬼畜拳闘ジム会長 vol.2

洗いたての髪の匂いに欲情し

ジムの奥には、明かりが灯っていた。
梅田は駅前の焼き鳥屋で酒を飲んだあと、ジムに戻って借金のことで頭を悩ませていた。

そのとき、入口のほうから、女性の声が聞こえてきた。
「すみませ〜ん!」
梅田がドアの鍵を開けると、理絵さんは梅田に軽く会釈すると、ロッカールームに、マグボトルを取りに行ったのだ。
通り過ぎる理恵さんから、かぐわしい匂いが漂ってきた。
それは、シャワーで髪を洗った彼女のシャンプーやボディソープの残り香だった。
汗まみれの男たちの世界とは対極の、オンナの香りだった。
妻と長年セックスレスだった梅田は、カネもないので風俗にも行けずに溜まっていた。
梅田は、酒の酔いも手伝って、理絵さんのシャンプーの香りに激しく欲情した。
梅田は、マグボトルを手にロッカールームから出てきた彼女を強引に抱き寄せた。
「2人だけなんだ、キスぐらいさせろ!」
酒臭い口臭を吐き出す梅田から逃れるように、彼女は顔を背けた。
梅田は彼女の髪や体に鼻を擦りつけて、離れようとしない。
「会長、いい加減にしてくださいよ!」
強く拒絶する彼女に、梅田は女性用グローブをポンと投げた。
「じゃ、これを着けろ。1発でもオレにパンチを当てたら諦める」

すでに半年間、厳しい練習を積んでいた理絵さんは、酔っ払った梅田なら勝ち目はあると踏んだ。
「リングに上がれ!」
梅田に続いてリングに上がった彼女はファイティングポーズを取り、ジャブから攻め始めた。
彼女の鋭いパンチを、梅田は次々とウイービングでかわし、意外にも機敏なフットワークを見せた。
彼女のストレートパンチも空を切るばかりだ。

やがて梅田はスルリと彼女の背後に回り、彼女の腰を両腕でグッと持ち上げるとその場に倒した。
若い頃にやった格闘技の本能が甦った梅田は、ほとんど無意識に技を繰り出していたのだ。
リングに倒した彼女を仰向けにすると、さらに右腕を取って腕ひしぎ逆十字固めに入った。
完全に腕を固めたが、彼女は必死に堪え続けた。そんな理絵さんに向かって梅田は冷たく告げた。
「ギブアップしろ。我慢したら腕が折れる」
結局、彼女は梅田にパンチを1発も当てられずに敗北を喫したのだ。

04月18日公開のvol.3へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号