レイプ裁判

2012年05月01日 10時00分 公開

蜜月だった彼女の"秘密"に激怒 逆上してナマ出し姦した鬼畜男 vol.2

蜜月だった彼女の

蜜月だった彼女の

イク女こそ完全な女なんだ!

市村は、愛液でぐっしょり潤う奈月さんのワレメをイチモツで貫くと、引っ越し作業で鍛えた体力をフルに活用。
パワフルなピストン運動を始めた。
とはいえ、市村はセックスの持久力には自信がなく、早漏が悩みだった。
しかし、市村がいよいよフィニッシュを迎えようとしたタイミングで、彼女も「イッちゃう~!」と叫んで絶頂に達したのだ。
絶頂を迎えて体を震わせる彼女の姿に、市村はかつて味わったことのない感動を覚えた。
夜明けまで奈月さんを何度もイカせた市村は、彼女との"一体感"に酔いしれていた。
"彼女こそ、オレの運命の人なんだ!"
それ以来、2人はデートを重ねた。
将来のことを語り合っては、セックスに耽る男と女……。
彼女と濃密なセックスを重ねるうちに、市村はある確信を抱くようになった。
"イク女こそ、男にとって完全な女なんだ"

やがて彼女とつき合って2カ月が過ぎた。
「キミの一人暮らしの部屋を見たいな」
そう頼むと、彼女は笑いながら応じた。
その晩、彼女の部屋を訪ねた市村は、あまりの狭さに驚愕した。
長細い部屋は畳2帖ほどのスペースだけ。トイレや浴室は共同で、冷蔵庫も洗濯機もない。
「せ、洗濯は?」
彼女は「小さな流し台の鍋で下着を洗うの」と説明した。
部屋には小さな机と布団と衣装ケースしかなかった。まさに超ビンボー暮らしだった。
市村はそんな部屋を見ながら、"自分の力で彼女をビンボー生活から救い出すんだ"と胸に誓った。
そのまま1枚の敷布団に横たわると、2人はセックスを始めた。
だが、高まる彼女のアエギ声が、隣の部屋に聞こえるのではないかと、市村は気になった。
ピストン運動を速めるにつれ、彼女のアエギ声は激しくなるばかり。
思わず市村は、脱がせたパンティを彼女の口のなかに詰め込んで、フィニッシュを迎えた。

彼女は全裸のまま、すぐに熟睡した。
だが、市村は寝返りもろくに打てず、なかなか寝つけなかった。
暗がりのなか、小さな机に目を止めた。
漫画を描く道具のほかに、1台の小型パソコンがある。
妙に不釣り合いな気がした。
"このパソコンの婚活サイトのお陰で、オレたちは出会えたんだ"
そう感謝しつつも、かねがね気になっていたことが脳裏に浮かんだ。

05月02日公開のvol.3へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号