レイプ裁判

2012年05月15日 10時00分 公開

"援交詐欺"でキャバ嬢を騙し朝まで4度ナマ凌辱した鬼畜男 vol.2

50万円で一晩つき合ってくれ

その晩、野呂山は終電近くまで盛り場にいた。
数軒のキャバクラをハシゴし、好みのキャバ嬢たちを誘ったが、まるで相手にされなかった。

店を出た野呂山は、ナンパ目的で街をウロついた。
ふと、仕事帰りのキャバ嬢・深沢杏里さん(21)を見かけた。
顔見知りの彼女は、野呂山にとってまさに"最高ランクの女"だった。
杏里さんは、同じ街で働くイケメンのホスト(24)と同棲していた。
ホストは常連の女性客の売掛金を回収できずに悩んでいた。
杏里さんが援助をしていたが、それでも店にかなりの借金があった。
彼女を呼びとめた野呂山は、声をかけた。
「小遣いをあげる。一杯つき合ってくれ」
もちろん、セックスが目当てだった。

意外にも杏里さんは野呂山の誘いに応じ、2人で近くの洋風居酒屋に入った。
「私、ちょっとおカネに困っているの……」
そう呟く彼女に野呂山は1万円札を数枚渡すと、さりげなく彼女の隣りの席に移った。
そして上着で自分と彼女の両膝を覆い、ミニスカートの中に手を這わせていった。
「イヤァ~ン」
両脚をピッタリ閉じる杏里さんに対し、野呂山はしつこく食い下がった。

「今日は給料日だ。オレのカバンのなかに50万円ある。全部あげるからつき合ってくれ!」
「本当……!?」
杏里さんの反応は、脈アリだった。
結局、ヤリたい男と、一晩で大金を摑みたい彼女との"商談"が成立。
2人は近くのラブホテルへとシケ込んだ。
シャワーを浴びる彼女の全裸姿の美しさは、野呂山がそれまでセックスした相手とは、まるで比べものにならなかった。
"ブサイクな100人の女とのセックスより、1人の美女のほうがずっと価値があるんだ!"
野呂山のイチモツは"ミサイル弾"を思わせる硬度を保ちつつ、天井を睨みつけていた。
ベッドインし、杏里さんの巧みな舌使いでフェラチオされると、いきり勃ち暴発寸前に。
今度は、野呂山が彼女のワレメを舐め上げた。
ほどなく愛液がトロトロに溢れてきた。
野呂山は慌ててコンドームを装着した。
"ついにオレの生涯で最高の女と、ヤレる瞬間がやってきたんだ!"
野呂山のイチモツは杏里さんの肉襞をヌルヌルッと押し広げ、すぐに根元まで埋め込まれた。

05月16日公開のvol.3へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号