レイプ裁判

2012年05月21日 10時00分 公開

DVの挙句に歩道橋で全裸拘束 元恋人をナマ凌辱した性獣男 vol.1

DVの挙句に歩道橋で全裸拘束 元恋人をナマ凌辱した性獣男 vol.1

DVの挙句に歩道橋で全裸拘束 元恋人をナマ凌辱した性獣男 vol.1

事件調書

被害者 :内気な美人派遣社員(25)
犯行手口:無理に連れ出し手首を縛り、レイプ
犯行現場:深夜の歩道橋の上
犯人  :トラウマを抱えたDV男

バツイチ同士の合コンで知り合った2人は、すぐ男女の仲に発展した。
だが、男のセックス要求は、急激にエスカレートした。
ビルの屋上や公園のトイレ、スーパーの駐車場など、人目につく場所で強引にセックスを求めるのだった。
逆らうと暴力を振るった。
同棲するようになっても暴力はやまず、DV男はやがてヒモになり、たまりかねた彼女が逃げ出すと逆ギレ。深夜の歩道橋の手すりに彼女を縛ってレイプを遂げ、"ポイ捨て"をした。
※※
荒木真吾(33)はイケメンの営業マンだったが、無表情で"何を考えているかよくわからない奴"といわれていた。
そんな荒木がバツイチ男女4人ずつの合コンで狙っていたのは、女性たちの中で最もおとなしかった浅井恵梨香さん(25)だった。
恵梨香さんは派遣社員としてコールセンターで働いていた。
スタイルもよく、目鼻立ちの整った美人だったが、内気なタイプだった。
合コンの会場を出て一人になった恵梨香さんを追って、荒木が声をかけた。
「もう少し一緒に過ごしませんか?」
恵梨香さんはうつむきがちに応じた。
しばらく無言のまま歩いていた荒木だが、ある建物の前に来ると、恵梨香さんの腕をいきなりギュッと摑み、薄暗い明かりの門をくぐった。
そこは場末のラブホテルだった。
恵梨香さんは強く拒めず、強引に引っ張り込まれた。
部屋ではすぐに全裸にされ、ベッドに押し倒された。
彼女の上で、荒木は勝手なことを口走った。
「オレたち、結婚するかもしれないじゃん。だったらデートや食事なんかして遠回りするより、真っ先にセックスしてお互いを確かめたいんだ!」
そう一方的に告げると、荒木は彼女を貪り始めた。

無理やりキスをして乳房を揉みしだき、さらに恵梨香さんの脚を広げて陰部を舐めまくった。
彼女は激しい暴風にでも巻き込まれたかのように逆らえず、荒木の硬く反り返ったイチモツを口に押し込まれた。
その後、荒木は激しく脈打つイチモツにコンドームを装着すると、恵梨香さんのワレメに突き入れ、肉襞を押し分けて一気に突き進んだ。
身勝手にグイグイ腰をグラインドさせ、1分後には果てた。
荒い息を吐きながら、荒木は呟いた。
「これでおまえは、オレのオンナだ。セックスさせない女は、オレにはなんの意味もない……」

荒木は始発電車が動き出すまで、恵梨香さんとセックスを重ねた。

05月22日公開のvol.2へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号