キャッチアップ

レイプ裁判

2012年06月11日 10時00分 公開

友人の自殺で自暴自棄になり 5ヵ月で9人を凌辱した性獣 vol.1

友人の自殺で自暴自棄になり 5ヵ月で9人を凌辱した性獣 vol.1

友人の自殺で自暴自棄になり 5ヵ月で9人を凌辱した性獣 vol.1

事件調書

被害者 :デート帰りのOL(22)他
犯行手口:首を絞めて脅す
犯行現場:公衆トイレや被害者の自宅など
犯人  :将来を悲観した派遣ガードマン

その若者は法廷で、自分が性犯罪に及んだ理由を、こう明かした。
「何の取り柄もない自分にとって、いい女とセックスするチャンスはゼロ。死ぬ前に、やれるだけやっておきたかった」
男は親友の自殺で自暴自棄になり、次々と性犯罪に手を染めていった。
レイプだけでも9件に及んだ連続凶行は、まさに野に放たれた性獣のなせる仕業だった。
※※
細木翔平(26)は高校中退後、職を転々とし、やがて派遣ガードマンをやるようになった。
同僚の男性(27)と仲よくなった細木は、お互いのアパートの部屋で、しばしば焼酎を酌み交わした。
すると、酒好きの同僚は決まって、こうボヤいた。
「オレたち、なんの取り柄もねえよな。結婚して暖かい家庭を持つことなんて、できるんだろうか?いや、その前に女と知り合うチャンスもねえや……」

細木にとって唯一の親友ともいうべき、この同僚は、ほどなく自殺してしまった。
酒を大量に飲み、浴槽の中で手首を切ったのだ。

彼の最期の姿を発見した細木は、真っ赤に血で染まった湯船が目に焼きついて離れなかった。
"オレだって、同じように死ぬかも"
自暴自棄になった細木はこう思った。
"人生の敗北者として死にたくない……"

それ以来、細木はインターネットに流れる性犯罪の情報を研究するようになった。

まだ肌寒い、ある深夜のことだった。
細木はニット帽を目深にかぶり、さらに首を温めるネックウォーマーを引き上げた。
目以外は、すっぽりと覆っていた。獲物を物色するためだった。
細木の唯一の取り柄は、高校時代に二段まで取得した柔道だった。
細木は特技を生かし、路上で若い女性に背後から襲いかかり、首に左腕を巻きつけて絞め上げた。
そのまま女性の胸元に右手を突っ込み、ブラジャーの中に潜り込ませると、乳房を揉みまくった。
さらに、スカートの奥に左手を潜り込ませると、タイツの上から股間を荒々しく撫で回した。

06月12日公開のvol.2へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号