キャッチアップ

レイプ裁判

2012年06月12日 10時00分 公開

友人の自殺で自暴自棄になり 5ヵ月で9人を凌辱した性獣 vol.2

友人の自殺で自暴自棄になり 5ヵ月で9人を凌辱した性獣 vol.2

友人の自殺で自暴自棄になり 5ヵ月で9人を凌辱した性獣 vol.2

公園の公衆トイレに連れ込む

女性はポケットから携帯電話を取り出した。
細木はたちまち逃げ出した。

それから数日後の深夜
ニット帽とネックウォーマーで顔を隠した細木は、帰宅する若い女性を尾行していた。
彼女はやがて、ワンルームマンションのエントランスへ。
集合郵便受けの裏に回ったとき、細木は背後から襲った。
首を絞められ、彼女は尻もちをついた。

"声を出したら殺されるかもしれない"
助けを求めたい気持ちをこら堪える彼女の股間に、男の手が伸びた。
強引にタイツとパンティを引きずり降ろしてワレメを弄ぶと、中指をグッと突き入れてきた。
「痛っ」
彼女は苦痛に耐える声まで抑えた。
さらに細木は彼女のブラジャーに手を差し入れ、乳房を揉んだ。
そして、エントランスを見渡して防犯カメラの位置を確かめると、その方向に向けて彼女の股を大きく広げた。
「ほらほら、お前の恥ずかしい姿がカメラにしっかり映ってるぞ」
嘲笑いながら、細木はズボンのベルトを緩めて彼女に迫った。
「フェラするか、レイプか、どっちがいい?おまえが自分で選べ!」
そのとき、エントランス脇の駐輪場で物音がした
ヤベッ!細木はすぐに逃走した。

しかし、細木の犯行は、場数を踏むに連れて巧妙になっていく。
深夜、自転車に乗って徘徊していた細木は、自転車で帰宅途中の若い女性を尾行した。

狙われたのは、デート帰りだったOLの野中理々子さん(22)。
理々子さんはアパートの脇で自転車を降りた。
細木はアパートの外階段の下に彼女を引きずりこみ、背後から強く首を絞めた。
「……殺してから犯してもいいんだぞ!」
細木は低い声で脅した。
極度に脅えた彼女は、ワンピースの裾から手を入れられてブラジャーを外されても無抵抗だった。
乳房を揉まれたあと、パンティの中に手を突っ込まれた。理々子さんは、ワレメを弄ばれ、指を中に入れられ、ねちねちと出し入れされる屈辱にも必死に耐えた。

「こっちに来い!」
道路の向こう側に公園があった。
彼女は、そこの公衆トイレへ引きずっていかれた。

06月13日公開のvol.3へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号