レイプ裁判

2012年07月16日 10時00分 公開

酩酊して血迷った勘違い男がスナックホステスを監禁凌辱 vol.1

酩酊して血迷った勘違い男がスナックホステスを監禁凌辱 vol.1

酩酊して血迷った勘違い男がスナックホステスを監禁凌辱 vol.1

事件調書

被害者 :スナックのホステス
犯行手口:監禁したのち、脅迫
犯行現場:被害者の働くスナック
犯人  :酒癖の悪いこわもての男

深夜のスナックでホステスを監禁し、レイプにおよんだ男が、法廷に引きずり出されてきた。
自らの獣欲を持て余していた男は、ホステスが何げなくいったある言葉がきっかけでスイッチが入り、暴走。
そのあと、店内でいきなり全裸になり、ホステスに襲いかかったのだ。
※※
独身の配管工・木場大輔(30)は、小さいときから太っていて、容姿も不細工だった。
それにもかかわらず、20代前半の頃の彼は、ナンパに明け暮れ、セックスの相手に不自由することがなかった。
モテそうな要素がひとつもない彼が、ナンパに成功できたのは、協力してくれる相棒がいたからだ。
ナンパの相方は、小学校の同級生だったが、木場と違ってイケメンなうえに秀才で、難関国立大学に現役で合格するようなタイプだった。
一方の木場は、中学で落ちこぼれてワルになり、高校を中退。
少年院に入っていたこともある。
正反対の2人だが、成人式後の同窓会で、女の話をして意気投合。
一緒にナンパをする仲になった。
容姿端麗な相方が声をかけて連れてきた女性を、木場が脅して、無理矢理セックスに持ち込むというのが、彼らのやり方だった。
体格がよくてこわもてな木場に強く迫られると、女性も、恐怖感から拒否できなかったのだ。
ほとんど強姦に近い方法だったが、2人で相手を代えたり、3Pセックスを楽しんだこともある。
木場は、身勝手にも、常々こう思っていた。

"女たちは最初、拒む素振りを見せる。でも、それは恥じらいで嫌がるフリをするだけだ"

そんなナンパのコンビが解消されるときがきた。
大学院を出て官僚になった相方が、世間の目もあり、ナンパを止めたのだ。
相棒を失った木場は、1人でナンパを試みるが、まったく成功しない。
"ヤリてえ!"
女とヤレないストレスが溜まった木場は、酒場で中年の客と殴り合いの騒ぎを起こしてしまう。
彼は、もともと酒癖が悪く、一度頭に血が昇ると、手のつけられないタイプだった。
相手に、後遺症が残るほどの重傷を負わせた上に、前科もあったことで、木場は、実刑判決を受けた。
3年間のムショ暮らしを終えて、シャバに戻ってきた彼は、30歳になっていた。

07月17日公開のvol.2へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号