キャッチアップ

レイプ裁判

2012年07月17日 10時00分 公開

酩酊して血迷った勘違い男がスナックホステスを監禁凌辱 vol.2

酩酊して血迷った勘違い男がスナックホステスを監禁凌辱  vol.2

酩酊して血迷った勘違い男がスナックホステスを監禁凌辱  vol.2

女性器の形まで妄想が広がり

出所して、数カ月後。
給料日を迎え、翌日は休みという晩のことだ。
深夜まで酒場をハシゴして酩酊した木場は、初めて見かけたマンションの1階にある、場末のスナックに入った。

どうせ古株の年増女ばかりだろう、とタカをくくっていたが、意外にも若い女が接客中だった。
豊満なバストと、ミニスカートからすらっと伸びる太腿が肉感的な女性だ。
リウマチが悪化してリハビリ中のママの代わりに、娘の松下花奈さん(22)が店に出ていたのだ。
店内に先客は老人1人だったが、木場が席について間もなく店を出て行った。
「ねえちゃん、邪魔な客もいなくなったし、こっちに来て一緒に飲もう」
2人きりになった木場は、すかさず彼女を隣りに座らせて飲み始めた。
「キスさせてよ!」
酔っ払った勢いで、隣りに座った彼女に迫った。
すると意外にも
「キスはダメだけど、軽いハグだったらいいよ」
と嬉しい答え。
木場は、彼女の腰にそっと手を回していく。
そのまま、無理矢理押し倒したい気持ちもあったが、花奈さんによく思われたい気持ちも強く、彼女の言葉に従った。

ところが、木場は酔ったせいでバランスを崩し、彼女を巻き込むようにしてソファに倒れ込んでしまう。
「ちょっと!何してんのよ。……見えちゃうじゃない!」
「ごめんごめん。……って見えちゃうって何が?」
「うふふ……私、今日はノーパンなんだ」
ソファに腰かけて膝を揃える花奈さんは、ミニスカートの下に黒いタイツを穿いていた。
木場は、なるべく紳士的に振舞おうと思っていたが、"ノーパン"という言葉を聞いた途端、たちまちタイツの中の女性器の形まで妄想が広がり、思わず勃起してしまった。
「ノーパン!?噓だろ!?」
「本当だってば!」
「じゃあ、ちょっと見せてみろよ」
冗談ともとれるそんなやりとりが、何度か続いた。
そして、酔っ払って気分のよくなっていた花奈さんは、サービスとばかりに、ミニスカートと黒いタイツも一緒に引き下げた

07月18日公開のvol.3へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号