レイプ裁判

2012年07月18日 10時00分 公開

酩酊して血迷った勘違い男がスナックホステスを監禁凌辱 vol.3

酩酊して血迷った勘違い男がスナックホステスを監禁凌辱 vol.3

酩酊して血迷った勘違い男がスナックホステスを監禁凌辱 vol.3

なんの躊躇いもなくペニスを

「ほ〜らね」
そこにあるはずのパンティはなく、悩ましい三角地帯が現われた。
黒いストッキングと、白い生肌が、なんとも淫靡なコントラストを醸し出している。
木場の体に、ドス黒い欲望が燃え上がる。

"この女、オレを誘っているんだ!"

激しく興奮して理性的な判断がつかなくなった木場は、スナックの出入口の鍵を掛け、花奈さんの前に戻ってくると、一気に下着ごとズボンを脱ぎ捨てた。
そして、醜悪に反り立つ男性器を見せつけ、フェラチオを要求。
木場の急な態度の豹変に動揺しながらも、花奈さんは、彼を落ち着かせようとした。
だが、一度火のついた木場を止めることは不可能だった。
「殴られたくなかったら、いうことを聞け!俺とセックスしたいんだろう!?」
ビール瓶を振り上げて怒鳴る木場の姿に、身の危険を感じた花奈さんは、男のいうことに素直に従い、陰茎を口に含んだ。
木場は、フェラに満足すると、彼女をソファに押し倒し、乱暴に服を脱がせた。
そして、乳房を揉みしだいたかと思うと、続けて乳首を舐めまわした。
花奈さんの体を充分に堪能した男は、いよいよ挿入に移行。
だが、ワレメがまったく潤っていなかったので、冷蔵庫からサラダオイルを持ち出してきて、彼女の陰裂に塗りたくった。

苦痛に歪む被害者の顔を見下ろし、男は、なんの躊躇いもなく、ペニスを肉襞に突き入れていく。
そして、ピストン運動を数度繰り返すと、白濁液をドクドクと膣内に放った。
すっかり性欲を満たした木場は、彼女の携帯番号を勝手に見て、自分の携帯に登録したかと思うと
「オレとつき合ってよ、小遣いあげるから」
と勘違いも甚だしい言葉を放ち、カネを置いて立ち去った。

警察に通報された木場は、合意のうえのセックスだと容疑を否認したが、現場の証拠品から強姦の容疑で逮捕。そして法廷へ。
男が、厳刑宣告によって刑務所に舞い戻ることは、ほぼ間違いない。
(文中の登場人物は、すべて仮名です)

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号