キャッチアップ

レイプ裁判

2012年07月24日 10時00分 公開

酔って恋人の美人同僚に欲情 恋人と眠る隣りで犯した鬼畜 vol.2

酔って恋人の美人同僚に欲情 恋人と眠る隣りで犯した鬼畜 vol.2

酔って恋人の美人同僚に欲情 恋人と眠る隣りで犯した鬼畜 vol.2

軽い前戯を終え騎乗位で結合

ワンルームマンションにたどり着いた2人は、缶ビールを片手に職場の悪口で盛り上がっていた。

すると、玄関のチャイムが突然、鳴り響いた。
「泊めてくれ、鍵をなくしてしまったんだ」
仁美さんが恐る恐る玄関に出ると、酩酊した松尾が立っていた。
彼女は"やっぱり来やがった"と内心思ったが、松尾が本当に困った顔をしていたため、渋々、部屋に上げてやることにした。
そして毛布を1枚渡すと、こう告げた。
「あんたは玄関で寝てな」
文句も言えず、玄関先に取り残された松尾は、いったん寝たふりをして、仁美さんとセックスする機会を伺うことにした。

やがて、彼女たちは布団を敷いて横になった。
このとき、子育て疲れから、ひどい不眠症の杏里さんは、いつものように睡眠導入剤を服用して眠りについた。
杏里さんの深い寝息が聞こえてきた頃、松尾は仁美さんを揺り起こして、セックスを懇願した。
仁美さんは面倒臭そうにしながらも、彼の愛撫を受け入れる。
そして、軽い前戯を終えた2人は騎乗位で結合した。
次第に高まっていく仁美さんのアエギ声を聞きながら、隣りの布団の杏里さんが起き出しやしないか、松尾はヒヤヒヤしたが、逆に、それが刺激的で興奮した。

ほどなくして快感が絶頂に達した2人は、ほぼ同時に果てた。
部屋には静寂が戻り、松尾は恐る恐る杏里さんの様子を窺ったが、熟睡したままのようだった。
再び玄関先に戻った彼は床に寝転がると、セックスの疲れもあって、まどろんだ。

しばらくして喉の渇きを覚え、目覚めた。
冷たい水を飲もうと冷蔵庫に向かった。

そのときだ。
仁美さんが横たわっている奥に、杏里さんの無防備な寝姿が目に入った。
すらりとした手足が美しい。
華奢な肢体を見て、松尾のイチモツがピクッと反応した。
邪悪な妄想が松尾の頭の中で湧き上がる。
"チャンスだ!熟睡しているようだし、ちょっとイタズラしてやろう"

07月25日公開のvol.3へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号