キャッチアップ

レイプ裁判

2012年07月25日 10時00分 公開

酔って恋人の美人同僚に欲情 恋人と眠る隣りで犯した鬼畜 vol.3

酔って恋人の美人同僚に欲情 恋人と眠る隣りで犯した鬼畜 vol.3

酔って恋人の美人同僚に欲情 恋人と眠る隣りで犯した鬼畜 vol.3

肉襞をゆっくりと押し広げて

松尾は杏里さんの横にそっと横たわると、彼女の掛け布団の下に手を潜り込ませた。
盛り上がる乳房を肌着の上から撫で回すと、乳首の突起の感触からノーブラであることがわかった。
悪乗りした男は彼女の肌着に手をそっと入れ、乳首を直接つまんで弄んでみる。
だが、杏里さんが目を覚ます気配はない。
松尾は手を下のほうに這わせ、ルームウエアのズボンの上から股間を撫で回し、パンティの中へ、恐る恐る手を潜り込ませていく。
やがて陰唇にたどり着くと、その左右を指先で開いたり、クリトリスを探って刺激を加えた。
ときどき、わずかながらピクッと反応があり、眠りながらも感じているようだった。
しかも、膣口を指で撫で続けているうちに、潤った感触が伝わってきた。
"濡れてるぞ。挿入しても気づかないんじゃ……"
すっかり興奮して、その気になった松尾は、杏里さんのルームウエアのズボンとパンティをそっと引き下ろした。
自らも裸になった彼は、彼女の両脚を広げると、その付け根に腰を沈めていった。
彼女の膣口を探り当てて、亀頭をメリ込ませると、肉襞をゆっくりと押し広げていく。
睡眠導入剤の効果なのか、挿入後も彼女が起きることはなかった。
身勝手極まりない松尾は、ピストン運動を徐々に激しくしていった。

そして、快感が頂点に達して射精しようとした、そのとき、杏里さんは強い違和感に目を覚ました。
彼女は、一瞬にして自分に何が起きているのかを悟った。
だが、次の瞬間、松尾は獣のような声を発し、白濁液を膣内にドクドクッと放っていた。
「ふざけんなよ!」
杏里さんの怒りの声に仁美さんも目覚めて、大騒動に発展。
すぐに警察が呼ばれて、松尾は現行犯逮捕となった。
そして、法廷へ。
男への厳刑宣告は、ほぼ間違いない。
(文中の登場人物は、すべて仮名です)

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号