レイプ裁判

2013年10月17日 10時00分 公開

配達を装い女子大生宅に侵入 全裸強姦に及んだ鬼畜宅配男 vol.3

配達を装い女子大生宅に侵入 全裸強姦に及んだ鬼畜宅配男 vol.3

配達を装い女子大生宅に侵入 全裸強姦に及んだ鬼畜宅配男 vol.3

ペンライトの光を照らし視姦

帽子をかぶり、黒サングラスとマスクで顔を覆った男は、もちろん飛島だ。
彼は彼女の口を塞ぐと、包丁を振りかざした。
「殺すかどうかは、お前次第だ!」
部屋を暗くして彼女をベッドに押し倒すと、ガムテープで目隠しとサルグツワを施していく。
目が見えず、何をされるのかわからない恐怖に脅える彼女を、まずは全裸にさせた。
「さて、お前のアソコをじっくり見せてみろ」
男は彼女に両脚を腕で抱えて、M字開脚するように命令。
丸見えになった理沙さんの女性器を、持参していたペンライトの光で照らし、視姦し始めた。
「ほーら、丸見えだぞ。なかなか綺麗なピンク色じゃないか」
しばらくの間、彼女を言葉で弄んで楽しむと、傍にあった乳液を手に取り、股間に塗りたくった。
ヌルヌルになったクリトリスを激しく擦ったり、膣口に指を突き入れたりして彼女の反応を確かめる。
そして、散々恥辱を加えられて、すすり泣く彼女のサルグツワを外すと、フェラチオを強要した。
口淫のあと、ついに飛島は挿入に移行。
しばらく激しく腰を振ると、膣内に白濁液を放出した。
だが、それだけでは彼の興奮はおさまらず、続けて腰を振り続け、計3度の射精を遂げた。

やっと落ち着いた飛島が、そそくさと部屋を出ようとしていると、絶望した理紗さんが驚きの行動に出た。
包丁を手にして自分の手首を切りつけたのだ。
さすがに、このまま自殺されても困ると思った彼は、血が噴き出した彼女の手首にタオルを巻いて応急処置。
そして救急車を呼ぶと、逃げ出した。
深夜、気になった飛島は再び現場のアパートへ。
すると警官たちがいた。
「自分がやりました」
罪悪感にかられて名乗り出た彼は即逮捕され、のちに法廷へ。
男への厳刑宣告は、ほぼ間違いない。
(文中の登場人物は、すべて仮名です)

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号