レイプ裁判

2012年10月29日 10時00分 公開

SEXを強要する母から逃れ旅先で5人連続強姦した鬼畜 vol.1

SEXを強要する母から逃れ旅先で5人連続強姦した鬼畜  vol.1

SEXを強要する母から逃れ旅先で5人連続強姦した鬼畜  vol.1

事件調書

被害者 :通りがかりの女性たち
犯行手口:道を聞くふりをして襲う
犯行現場:地方の人通りの少ない路地
犯人  :母子相姦の末、倒錯した男

法廷の証言台で被告人の母親が叫んだ。
「もう、私の息子じゃありません。息子を死刑にしてください!」
しかし、問題なのは、レイプ犯として逮捕された息子だけではなかったというのだ。
法廷で明らかにされた、驚くべき真実-この連続犯行の裏側には、この男と母親が長年にわたり"母子相姦"を重ねていたことがあるというのだ。
※※
青田昭吾(30)の両親は不仲だった。
父親はエリート公務員で家を不在にしがち。
そのため、家庭は母子の2人暮らしも同然で、母親の関心はもっぱら1人息子に向けられていた。
そして、ときが経つにつれて、母親の愛情は間違った方向へ注がれるようになっていった。

男が中学生になったばかりのとき、オナニーを母親に見られ、恥ずかしそうに隠すと、母親は優しく、
「いいのよ。昭吾ちゃん」
というと、手を使ってオナニーを手伝う始末。
それは、しばらくしてフェラチオに代わり、高校生になる頃には、今度は、彼自身も母親の女性器に触れるようになった。
愛撫していると、陰部はピチャピチャと大きな音を立て始め、アエギ声も次第
に高まっていく。
「待って……」
服を脱ぎ捨てて全裸姿になった母親は、激しく勃起したペニスにコンドームを装着。
彼女の手で、ついに肉襞の内へと導かれた。
重なり合うと、母親は両手を息子の尻に添えて腰の振り方を教えてやった。
教わるままに動いた彼は、ぎこちないピストン運動の末に射精。

ついに最後の一線を越えた2人を止めるものは何もなく、その後も毎晩セックスに耽り続けた。
前戯で母親が好んだのは甘嚙みだ。
首筋や背中、さらには乳首やクリトリスへ軽く歯を立てられると、彼女は敏感に反応して悶えた。
こうした異常な関係は、青田が大学生になってからも続いた。
そして周囲に同年代の女の子の影がちらつくようになると、母親は強い嫉妬心を抱くようになる。
「ヘンな女に近づいたらダメだからね」
ケータイには頻繁に連絡があり、帰宅すれば決まってセックスを求められた。

10月30日公開のvol.2へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号