キャッチアップ

レイプ裁判

2012年10月30日 10時00分 公開

SEXを強要する母から逃れ旅先で5人連続強姦した鬼畜 vol.2

SEXを強要する母から逃れ旅先で5人連続強姦した鬼畜  vol.2

SEXを強要する母から逃れ旅先で5人連続強姦した鬼畜  vol.2

母親の呪縛から逃れた男は…

2人の関係は、彼が就職してからも変わらず、ガールフレンドを作ることさえも禁じられた。
"オレはママのセックス奴隷じゃない……"

27歳のとき、密かに交際していた恋人を思い切って母親に紹介。
だが、案の定、猛烈に反対された。
「あなたはママを捨てても平気なのね!」
彼氏の母親が激しく錯乱する姿を見て、呆れた恋人は去っていった。

30歳になった男は、再び新たな恋人を紹介した。
すると、その場ではおとなしかった母がその晩、自宅で包丁の刃先を自分の喉元に突きつけた。
「ママを捨てるのね。死んでやる!」
翌朝、さすがに我慢できなくなった男は、現金の入った財布だけを持って家を出て行った。
職場には出勤せず、ケータイも川に捨てた。
あてもなく電車に乗り、放浪生活を始めたのである。
ビジネスホテルを転々としていると、母親の呪縛から逃れられた解放感が湧いてきた。
"やっと離れることができた。別の女とのセックスがしたい!"
恋人のいた青田だが、強く禁じられていたこともあって、母親以外の体を知なかったのだ。
抑え続けて暴発寸前まで膨らんだ性衝動は、歪んだ方向へと向かい、ついにレイプ願望へと変わった。

夜遅く、男は街角のビルに身を潜めて周囲の様子を窺った。
すると自転車に乗った専門学校生の中沢愛美さん(19)が通りかかった。
すかさず男は、道を尋ねるふりをして、近づいた。
「あのぅ……」
相手が停まると、すぐさま首にビニールテープをグルグルに巻きつけた。
そのままビル内のエレベーターに乗せて屋上に連れ込み、カッターナイフの刃先を突きつける。
「生きて帰るか、ここで死ぬか。選べ!」
「……帰らせてください」
「だったら、服を脱げ。全裸になるんだ!」
泣きながら彼女は、全裸姿を晒した。
"引き締まっていてイイ体だ。それに予想外に胸もデカい……こんなきれいな乳首も初めて見た"
そう感じ入っては、乳房を荒々しく揉みしだくと、乳首を嚙み始めた。
「い、痛いっ!」
「食いちぎっちまうぞ、オレのを舐めるんだ!」
彼はペニスを出すと、愛美さんにフェラチオを強要。
口淫後、彼女の股間をまさぐり、その窪みに陰茎を突き立てた。
だが、すんなり入っていかない。
"あれ、濡れてない……"
母親とのセックスしか知らない男は、自然と濡れるものだと思っていたのだ。

10月31日公開のvol.3へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号