キャッチアップ

レイプ裁判

2013年01月21日 10時00分 公開

金銭交渉で援交美女に逆ギレ首を絞めて中出し姦した鬼畜 vol.1

金銭交渉で援交美女に逆ギレ首を絞めて中出し姦した鬼畜 vol.1

金銭交渉で援交美女に逆ギレ首を絞めて中出し姦した鬼畜 vol.1

事件調書

被害者 :売春を持ちかけた失業中のOL
犯行手口:首を絞めて被害者を失神させて
犯行現場:ラブホテルの部屋
犯人  :女グセの悪いバツイチ会社員

街で若い女性に突然声をかけられた中年男は、彼女との"商談"が成立してラブホテルへ。
1ラウンド目はセックスを大いに楽しんだが、行為のあと、金銭トラブルから激しい口論へと発展。
女の言葉にキレた男は、彼女の首を絞めあげて失神させ、さらに意識不明の彼女をレイプするという凶行に及んだ。
※※
女グセの悪さからバツイチとなった会社員・杉下徹彦(43)は、ある晩、一人で繁華街をあてもなくぶらぶら歩いていた。
すると、すれ違いざまに若い女性からいきなり声をかけられた。
「あの、すいません。友達に約束をドタキャンされちゃって暇なんです……」
杉下が事情がわからず戸惑っていると、彼女はこう続けた。
「私を居酒屋とかに誘ってくれません?」
"なんだ!?逆ナンパか?それとも援助交際か?どっちにしてもオイシイ話じゃねーか!"

彼に声をかけたのは失業中のOLの市村祐里さん(23)。
好みのタイプの美女で、スタイルもよかった。
杉下は喜び勇んで彼女とともに近くの居酒屋へ。
2人は生ビールで乾杯し、雑談を始めた。

ひととおりの世間話が終わると、彼は探りを入れた。
「それで今日は、泊まるところはあるの?」
「私、田舎から出てきたばかりなんで……」
「なるほど。それじゃあ、一緒に泊まろうか?」
「それが私、あんまりおカネを持ってなくて……」

"やっぱり。小遣い目当ての女だな"

彼女の言葉から確信を深めた杉下は、大胆に切り出した。
「じゃあ、2万円でどう?」
だが、彼女の反応はいまひとつだ。
「じゃ、3万。これ以上ならほかを当たって」
その結果、彼女との"商談"は成立。
すぐに2人は、居酒屋を出てラブホテルへ向かった。
「ねえ、一緒にシャワーを浴びましょ?」
ホテルに入ると、すぐに祐里さんが誘ってきた。
先に浴室に入った彼女に続いて、杉下も全裸になって追いかけた。

01月22日公開のvol.2へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号