レイプ裁判

2013年02月12日 10時00分 公開

毎晩のアエギ声にブチ切れて 隣室の美人ナースを強姦した男 vol.2

毎晩のアエギ声にブチ切れて 隣室の美人ナースを強姦した男 vol.2

毎晩のアエギ声にブチ切れて 隣室の美人ナースを強姦した男 vol.2

歯ブラシで陰核を刺激して…

引っ越してきたのは、看護師をしている高城三佳さん(23)。
"あの女、またオトコとのセックス三昧で、オレを苦しめるのだろうか……"
悪い予想は的中した。
数日もすると、やはり隣室からアエギ声が聞こえてくるようになったのだ。
だが、以前の隣人とは事情が違っていた。
三佳さんは婚約者を交通事故で亡くしており、夜ごと、その恋人を想いながらオナニーに耽っていたのだ。
三佳さんは浴室でクリトリスにボディシャンプーを塗ると、毛先の軟らかな歯ブラシを手にした。
そして、歯ブラシで包皮の上からクリトリスに刺激を与えていく。
快感が高まってくると、陰核の皮を剝いて、直接、敏感な部分にブラシを押しつけた。

浴室を出たあとも、彼女のオナニーは続く。
ベッドに入ると、中身が空になった化粧品の細長い瓶を手に取った。
そして、瓶にベビーオイルをたっぷり塗ると、膣の中に挿入。
出し入れを繰り返した。
そうしながら、彼女は死んだ恋人とのセックスを思い出していたのだ。
次第に高まる彼女の金切り声は、関川の耳にズンズン響いた。
"やめろ!やめろー!"
必死に耳を塞いだが、アエギ声は彼女が絶頂に達するまで続いた。

関川は一カ月も我慢できなかった。
"なんとかしないと……"

そんなとき、関川は興味深い話を耳にする。
同じ職場で働いていた若い女性が急にバイトを辞めたのだが、その理由について、こう聞いたのだ。
"彼女、真夜中に部屋に侵入してきた男に強姦されたらしい"
結局、都会のアパート暮らしが怖くなり、郷里に帰ったのだという。
その話を聞いて閃いた。
"隣りの女も部屋でレイプされれば、引っ越すに違いない!"
さっそく関川は三佳さんの郵便受けを物色して、隠していた合鍵を盗み出し、コピーを作った。
さらに、その鍵を使って部屋に侵入して室内を調べ、綿密な犯行計画を立て始めた。

02月13日公開のvol.2へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号