大衆ヴィーナスWEBサイト統合のお知らせ
平素より格別のお引き立てを賜り誠にありがとうございます。
これまでご利用いただきました皆さまには、心より御礼申し上げます。

さて、当サイトは開設以来、多数のみなさま方よりご利用いただいてまいりましたが
2018年10月1日より「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」へ順次、統合させていただく運びとなりました。

これまで当サイトで配信してきた「アダルトニュース」はじめ、「AV情報」や「グラビア記事」は
「風俗大衆( http://erotica-t.jp/ )」にて配信を続けてまいりますので
ブラウザの「お気に入り」「ブックマーク」などに登録されている場合は、新しいURLへの登録変更をお願いいたします。

■風俗大衆
http://erotica-t.jp/

今後とも変わらぬご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

レイプ裁判

2013年03月06日 10時00分 公開

通りすがりの美女を拉致監禁 全身咬みつき凌辱した鬼畜男 vol.3

通りすがりの美女を拉致監禁 全身咬みつき凌辱した鬼畜男 vol.3

通りすがりの美女を拉致監禁 全身咬みつき凌辱した鬼畜男 vol.3

被害者女性の衝撃的な事件後

法廷では、浅利の凶悪犯行の全容が判明するとともに、被害者である愛未さんの"事件後"についても明らかになった。
事件後、心に傷を抱えた彼女は職場を去り、結婚を約束した恋人とも別れることにした。
"もう生きていたって、仕方がない……"
レイプ被害で生きる気力を奪われ、抜け殻のようになった彼女は、何度も自殺を考えたという。
だが、事件から半年後、彼女が考え方を変える転機が訪れる。きっかけは、心配した友人に誘われるがまま介護の仕事に就いたことだった。
そこで、彼女は衝撃的な場面に出くわす。それは、施設にボランティアに来ている女性が、入浴中の身障者男性の性処理をしてあげる姿だった。
セックスボランティアの仕事を初めて間近に見て、彼女は思った。
"ああ、こういう生き方もあるのか。女としての幸せを失った私だからこそ、できることがあるのかも"
そう思うと、なぜか生きる気力が湧いてきた。そして、彼女はセックスボランティアという未知の世界に飛び込むことにした。
そして、その仕事は強姦被害を受けた愛未さんにとって、女性という性を肯定できる唯一の場所となっていった。
被害者の告白が終わると傍聴席は騒然となり、傍聴人たちは、被告席の男に対して一段と険しい目を向けた。
凶悪犯への厳刑宣告は疑いようがないだろう。
(文中の登場人物は、すべて仮名です)

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号