キャッチアップ

レイプ裁判

2013年03月20日 10時00分 公開

改心したはずの痴漢常習犯が アイドル候補生をバイブ凌辱 vol.3

改心したはずの痴漢常習犯が アイドル候補生をバイブ凌辱 vol.3

改心したはずの痴漢常習犯が アイドル候補生をバイブ凌辱 vol.3

バイブ凌辱は 30 分にわたった

"独りモンの若い女か"
そう直感するといったん外へ。コンビニで女性用の黒タイツを買うと、再び戻ってきた。
タイツを頭からすっぽりとかぶって一気に侵入。
"たまり溜まったストレスをぶつけてやる!"
ベッドで就寝中の女性に接近して、飛びかかった。
突如、襲われたのは武井菜々さん(19)。愛くるしい笑顔の彼女は、雑誌グラビアなどにも顔を出している売り出し中のアイドルだった。
菜々さんは勝谷に強く首を絞められ、意識が遠のいていった。
"……このままじゃ殺される!"
必死の抵抗を始めると、侵入者の脅し文句が聞こえてきた。
「おい、オレに逆らったら絞め殺すぞ!」
勝谷はそういうと、いったん手を緩め、彼女の豊満な乳房を乱暴に揉みしだき始めた。すると、息が楽になった彼女が逃げようとしたので、顔面を拳で思い切りガツンと殴った。
「お願い、顔はやめて!」
男の暴力に激しい恐怖を感じた彼女は、逆らうのをやめた。
勝谷は彼女を全裸にさせると、全身を満足そうに眺め、おもむろに景品でもらった電動バイブを取り出した。それを彼女に見せつけると、台所へ行き、マヨネーズを持って帰ってきた。
そして、マヨネーズを女性器とバイブに塗ってM字開脚させると膣内に挿入。
スイッチを入れた。
「おーおー、こんなデカイモンをくわえ込んじゃって、若いのに淫乱だねえ」
その後、30分間にわたってバイブ凌辱は続いた。
電動バイブを引き抜いたあとは、すぐに勃起したペニスを挿入。思う存分腰を打ちつけ、そのまま膣内射精で果てた。
強姦後、勝谷はすぐに逃走をはかった。だが、ひどく疲れていたので、再び近くの公園のベンチで眠り込んでしまった。
結果、被害者からの通報を受けて周囲を捜索していた警官が、加害者を発見。
すぐに逮捕されて、法廷へ送られた。
男への厳刑宣告は、間違いない。
(文中の登場人物は、すべて仮名です)

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号