キャッチアップ

レイプ裁判

2013年06月19日 10時00分 公開

以前住んだ部屋の合い鍵を悪用! 美人OLをバイブ凌辱した鬼畜 vol.3

以前住んだ部屋の合い鍵を悪用! 美人OLをバイブ凌辱した鬼畜 vol.3

以前住んだ部屋の合い鍵を悪用! 美人OLをバイブ凌辱した鬼畜 vol.3

じゃあ精子を飲み干すんだ!

快感に促されるようにして、ピストン運動のピッチを速めていく。
「お願い! 中には出さないで!」
哀願する彼女の膣内でペニスがピクッと反応した。
「いやっ、いや! 危険日なんです。お願いします。許してください」
こう訴える彼女に、松川は交換条件を突きつけた。
「そうか。じゃあ、オレの精子を飲んでくれ!」
そういうと、彼は射精寸前の陰茎を引き抜き、彼女の口の中にドクドクッと白濁液を放った。
"こんなの、絶対飲み込めないわ……"
どうしても飲みたくなかったのだろう。彼女はそのままベッドに倒れ込み、気を失ったふりをした。
「くそっ。失神しやがった」
松川はそう吐き捨てると、携帯電話を取り出して、口から精子を垂れ流す彼女の全裸姿を撮影。服を着ると、バッグの中にあった彼女の名刺を奪って立ち去った。
数日後、彼は奪った彼女の名刺に記載された携帯電話の番号に、非通知で電話をかけてみた。だが、一向に繫がらない。試しに公衆電話からもかけてみたが、やはりダメだった。
そこで今度は、家族を装い職場に電話をかけて、彼女を呼び出した。
「……オレだ。非通知の着信はオレからだ。ちゃんと電話を取らなきゃ、裸の写真をバラ撒くからな!」
里帆さんは嫌々承諾するしかなかった。すると、さっそく夕方に非通知の連絡がかかってきた。
「いい子だ。あと1回だけヤラせてくれよ。今度は優しくするからさぁ」
まずは彼女を駅前に呼び出した。
「警察に連絡してないだろうな。念のために場所を移すぞ」
何度も彼女のケータイに電話をかけ、転々と移動させた。そして、彼女を公園の多目的トイレまで誘導して、そこで待機させた。
松川がコンコンとドアをノックし、ドアを開けて中に入ろうとすると――後ろから捜査員が飛びかかってきた。そのまま現行犯で逮捕され、法廷へ――。
男への厳刑宣告は確実である。
(文中の登場人物は、すべて仮名です)

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号