レイプ裁判

2013年07月02日 10時00分 公開

一目惚れの巨乳人妻を昏睡姦後に全裸写真で脅した鬼畜男 vol.2

一目惚れの巨乳人妻を昏睡姦後に全裸写真で脅した鬼畜男 vol.2

一目惚れの巨乳人妻を昏睡姦後に全裸写真で脅した鬼畜男 vol.2

俺が離婚するよう頼んでやる

男はさらに興奮し、スカートの奥にも手を侵入させていく。
「イヤ、イヤッ!」
抵抗をいっさい無視し、彼女の股間を無我夢中でまさぐった。
「真剣に好きなんだ。あんたと結婚できるなら、俺はなんだってする」
そういいながら、力ずくで下着の脇から指を侵入させる岡野。彩奈さんは必死に哀願した。
「お願いだから、今日はダメ。許して!」
頑なに拒否されて、さすがに岡野も手を止め、その場は収まった。
その後、男は何度も彼女を誘った。だが、当然のように毎回断わられてしまう。そこで、少し強引に迫ることにした。
「もう我慢できない。旦那に会いに行く。離婚するよう俺から頼んでやる!」
「やめて! お願いだからそんなことしないで……」
「じゃあ、一度でいい。もう襲わないから、ドライブにつき合ってよ」
家まで押し掛けてきかねない様子に困惑し、彩奈さんは、「ドライブだけなら」と渋々応じることにした。
次の休日、岡野はレンタカーの助手席に彼女を乗せてドライブに出発した。
車を走らせて2時間もした頃、
「喉が渇いたんじゃない? これ飲みなよ」
男はそういって、保冷バッグに入れてあった缶コーヒーを出すと、彩奈さんに手渡した。
"この人、何をするかわからないから怖いなあ……"
と感じていたが、
「新品だから大丈夫だよ。ほら、開いてないだろ?」
そう後押しされて、彼女は缶コーヒーを開けて飲み始めた。
だが、彩奈さんの悪い予感が的中する。しばらくすると強い脱力感と、睡魔が襲ってきたのだ。
実は岡野は缶コーヒーに仕掛けを施していた。缶が開いてないように見えるよう工夫しただけで、本当は中に睡眠導入剤を混入させていたのだ。
昏睡状態に陥った彼女を乗せて、男は山のほうへと車を走らせると、人里離れた場所に着いたところで車をストップ。
"よし。ブチ込むぞ!"
さっそく助手席のリクライニングシートを倒し、彼女の服を剥ぎ取った。
自分も服を脱ぎ捨て全裸になると、彩奈さんに覆いかぶさって全身にキスマークをつけていく。大きな乳房には、思う存分顔を埋めて弾力感を貪った。
すっかり意識を失っている彼女はまったく抵抗しない。

07月3日公開のvol.3へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号