レイプ裁判

2013年07月10日 10時00分 公開

同僚の自慢話に嫉妬した男がカラオケ店で泥酔美女を凌辱 vol.3

同僚の自慢話に嫉妬した男がカラオケ店で泥酔美女を凌辱 vol.3

同僚の自慢話に嫉妬した男がカラオケ店で泥酔美女を凌辱 vol.3

小刻みなアエギ声が聞こえた

まだあまり濡れていないためか、膣がペニスを拒んでいる。そう気づいた男は、再び彼女の女性器を丁寧に舐め回し始めた。
舌で敏感な部分を刺激してやると、次第に麻依さんの口から、「アッ、アッ」という小刻みなアエギ声が聞こえてきた。
"おお! この女、すっかりやる気を出してやがる"
ニヤリと笑みを浮かべた男は、ひたすら股間を舐め続けた。すると肉襞が次第に潤いを帯びてきた。
"今度は大丈夫だ"
そう確信し、再びペニスを膣口に突き立てた。今度はヌルッとした感触を伴い、すんなり奥まで入った。
根元まで貫くと、溝口はなるべく音を立てないように腰を振って、麻依さんの肉襞を味わい尽くした。
しばらくすると、急激に射精欲が湧いてきた。
"抜かなきゃ"
だが、恋人とセックスしていると思い込んでいる麻依さんは、射精が近づいているのを勘ずいたのかはわからないが、自らも腰を突き上げ始めた。
そのため、溝口は最後の瞬間にペニスを引き抜き損ねた。そのまま膣内に白濁液を放出したのだ。
勘違いしたままの麻依さんは、射精した男を両腕でギュッと抱き締め、顔を引き寄せてキスを迫った。
だがそこで、ついに麻依さんが意識を取り戻した。気づけば目の前に知らない男の顔……。
「誰よ、あんた!?」
麻依さんに突き飛ばされた溝口は、大慌てで衣服を身につけると転がるように部屋を逃げ出した。
麻依さんは、すぐにインターホンでフロントに通報した。
「知らない男に痴漢されたんです。捕まえて!」
すでに、溝口はカラオケ店から立ち去ったあとだったが、後日、店の会員カードから身元が判明。すぐに逮捕となった。
そして法廷へ。男への厳刑は確実視されている。
(文中の登場人物は、すべて仮名です)

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号