キャッチアップ

レイプ裁判

2013年07月30日 10時00分 公開

愛人目的で美女を高給で雇用 職場で昏睡姦した鬼畜社長! vol.2

愛人目的で美女を高給で雇用 職場で昏睡姦した鬼畜社長! vol.2

愛人目的で美女を高給で雇用 職場で昏睡姦した鬼畜社長! vol.2

このままじゃ給料の払い損だ

そんなある日、IT業界の会合に参加した彼は、参加者の白鳥汐里さん(25)を見て一目惚れした。

"あんな女を抱きたい。愛人にしたら幸せだろうな"

彼女は、小太りの田所とは対照的に長身でほっそりした美女。
周りから見れば不釣り合いそのものだ。
だが、それをものともせず猛烈アタックを始めた。
携帯の番号を聞き出すと、電話をかけて口説いた。
直接愛人になってくれとは言わず、まずは自分の会社で働かせようと思った。
「オレのところで働かないかな。給料は弾むし、オレの力で汐里ちゃんを絶対に独立させてあげるから」

上昇志向の強かった汐里さんは、田所の誘いに乗ってきた。
秘書を兼ねたスタッフとして働き始めることに決めたのだ。

彼女が転職してくると、田所は事あるごとに彼女に迫り始める。
スタッフたちを帰宅させて2人きりになったところで、冗談交じりに彼女を褒めちぎった。
「汐里ちゃんのバストラインはホント美しいね。オレ揉んでみたいよ~」
だが、けんもほろろに受け流されてしまう。
ほかにも豪華な食事に誘ったし、業界の大物人脈も紹介したが、田所に体を許すことはなかった。

一向に自分になびかない彼女に対して、田所は苛立ち始めた。
"せっかく高い給料を払ってんだ。このままじゃ払い損だ……"

そこで、田所はついに悪に手を染めてしまう。
近所の居酒屋でスタッフを集めた飲み会を開いた帰り道、ほかの人間を先に帰らせると、汐里さんに強引に迫った。
「今後の話もある。会社で二人だけで飲み直そうや」

事務所に戻ると、さっそく自らシェーカーを振って、彼女に手作りのカクテルを出した。
「昔、バーで働いてたから味は保証するよ。どうぞ」
そのまま汐里さんは一緒に飲み始めたが、2杯目のカクテルを半分ほど飲んだあたりで、急激な睡魔に襲われてしまった。
彼女の酒に田所が睡眠導入剤を混入させていたのだ。

「しばらく休んでいけばいいじゃないか」男のその言葉を最後に、彼女は意識を失った。

07月31日公開のvol.2へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号