キャッチアップ

レイプ裁判

2013年09月16日 10時00分 公開

レイプ被害女性と同棲彼氏が復讐目的で隣室女性を昏睡姦 vol.1

レイプ被害女性と同棲彼氏が復讐目的で隣室女性を昏睡姦 vol.1

レイプ被害女性と同棲彼氏が復讐目的で隣室女性を昏睡姦 vol.1

事件調書

被害者 :加害者女性をレイプした男の彼女
犯行手口:カレーに大量の睡眠薬を混入
犯行現場:レイプ犯が同棲するアパートの寝室
犯人  :レイプ被害に遭った女性とその彼氏

法廷に引き出された男女は、共犯によるレイプ犯行を遂げていた。
男女は同棲中のカップルで、なんと同じアパートの隣室に暮らす若い女性を昏睡姦の餌食にしていた。
法廷では、驚くべき事実が明らかになった。
なんと加害者女性は、過去にレイプ犯行に巻き込まれた被害者でもあったのだ……。
**
食品工場勤務の下地直規(28)は、深夜、仕事場からの帰り道を歩いていた。
途中で廃校となった小学校の脇を通りかかると、争うような声が聞こえた。
気になって近づくと、木陰で男2人が全裸の女性を弄んでいる。

"レイプだ!"

女性が強姦被害に遭っていることを確信した彼は、気づかれないように携帯電話で男たちの姿を撮影し、警察に通報した。

「警察を呼んだぞ!」
大声でそう叫ぶと、男たちは、慌てふためいて現場から逃げ出した。


残された被害者は、コールセンターで働く女性で、宮部奈央(26)といった。
下地が散らばっていた服を手渡し介抱していると、パトカーと救急車が到着。

警察の現場検証後、彼女は救急車で病院に運ばれた。
下地が犯行現場の写真を警察に提供したので、2人の加害者はすぐに逮捕された。

逮捕後、警察を通じて被害者の奈央から下地に連絡があった。
助けてくれたお礼が言いたいということだった。
「助けていただいて、ありがとうございます。……でも、いまでもあの晩のことがしょっちゅう脳裏に甦って、怖くて仕方ないんです……」
お礼の言葉とともに奈央は、ぽつりと語った。
一方、下地は彼女の魅力的な顔立ちに惹かれて、心配半分、下心半分でこう言った。
「僕でよければ、相談に乗りますよ。少しでも気晴らしになれば……」


以降、2人は食事をしたり遊びに出かける仲になる。
最初は友達としてのつき合いだったが、やがて同棲を始めることになった。
だが、2人のあいだに肉体関係はなかった。
レイプ被害に遭ったことから奈央は、セックス恐怖症になっていたのだ。
下地は彼女とセックスしたいと思っていたが、手で射精に導いてもらうのが精いっぱい。
それ以上の行為は、奈央が強く拒絶した。

2人の障壁はそれだけではなかった。
奈央はレイプに遭ったときの情景がフラッシュバックして、真夜中に突然泣き叫んだりした。
また、下地に苛立ちをぶつけることもあった。
「私みたいなセックスできない女とつき合って楽しいの?本当は別れたいんでしょ、はっきり言って!」
起伏の激しい彼女の感情に、下地はただ戸惑うばかりで何もできなかった。

09月17日公開のvol.2へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号