レイプ裁判

2013年10月01日 10時00分 公開

性欲旺盛な女上司に耐えかねて部下がネットで他人に強姦依頼 vol.2

性欲旺盛な女上司に耐えかねて部下がネットで他人に強姦依頼 vol.2

性欲旺盛な女上司に耐えかねて部下がネットで他人に強姦依頼 vol.2

私が徹底的に鍛えてあげるわ

ベッドの中で、大谷は彼女の言うとおりに動いた。
互いの性器を舐め合ったあと、コンドームを被せていよいよ挿入に移る。
正常位の体位で、愛液で溢れる膣口にイチモツを突き立てると、たちまちヌルヌルッと入っていった。

だが、初めての膣内は想像以上の快感で、彼は腰を動かすまでもなく射精してしまった。
「早っ!?そんなことじゃ彼女ができたって、嫌がられるわよ。女のカラダに慣れなきゃ駄目よ」
友里恵さんは諭すように言うと、「じゃあ、もう1回ね」と大谷のペニスをくわえて舐めはじめた。
さっき発射したばかりだが、彼女の舌使いは凄まじく、すぐに勃起してきた。
「よしよし、元気じゃない」
そう言って、今度は友里恵さんが大谷にまたがり、騎乗位の形で挿入。
だが、またしても大谷は、数回腰を上下させられただけで果ててしまった。
「もうっ!しょうがないから、私が徹底的に鍛えてあげるわ」
結果、友里恵さんは、大谷を日曜日の夕方まで自分の家に留まらせ、コンドーム1ダース分を使い切るまで、様々な体位でセックスを繰り返した。

翌月曜日、大谷は足腰のひどい筋肉痛に悩まされることになった。
一方、会社に出社すると友里恵さんはいつになく上機嫌。
彼の顔を見つけると、近くに寄ってきてこう囁いた。
「大谷君、今週末も待ってるからね」

こうして大谷は、ほぼ毎週のように友里恵さんの元へと通い、セックスに明け暮れた。
一方、会社では、彼女が大谷をバックアップしてくれるようになり、社内での彼の評価はどんどん上がっていった。

だが、こうした日々は長くは続かなかった。
友里恵さんの性欲は留まるところを知らず、大谷にとって彼女の要求が徐々に重圧になっていったのだ。

"このままじゃオレはセックスづけで殺される……"

彼の心の中では恐怖心が募り始めていた。
だが、彼女を拒めば、会社での出世も望めないだろう。
激しい葛藤を抱えた大谷は、ある計画を考えつく。
それは、彼女をレイプ被害に合わせることで、セックスへの恐怖心を抱かせることだった。

《誰か私を襲ってください。今週の金曜日の晩、家でお待ちしています》

大谷はインターネットの掲示板に、本人に成りすまして彼女の写真、住所とともにそう書き込んだ。
この書き込みを見たのが実行犯である元AV男優の稲村一登(35)だった。
彼は以前からレイプ願望を持っており、すぐさま行動に移したのだ。
金曜日の晩、コンコン、と玄関のドアを叩く音がした。
友里恵さんは大谷が来たと思い、バスタオル1枚の姿でドアを開けた。

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号