レイプ裁判

2013年10月08日 10時00分 公開

妻の不倫で自暴自棄になって独身OLを昏睡 姦した鬼畜男 vol.2

妻の不倫で自暴自棄になって独身OLを昏睡 姦した鬼畜男 vol.2

妻の不倫で自暴自棄になって独身OLを昏睡 姦した鬼畜男 vol.2

顔に硫酸をぶっかけてやる!

"俺だって、不倫相手がほしいさ。だけど、カネも時間も余裕も、何もありゃしないし……"

そのとき、ふと脳裏に邪悪な考えが思い浮かんだ。
"……待てよ、不倫じゃなくてもいいじゃないか。小道具を揃えれば、不可能じゃないはずだ"

妄想に憑かれた原口は小道具を集めていった。
そして、見知らぬ女性を昏睡レイプするというその妄想を、ついに実行したのだ。

ある日、原口が終電に乗って帰宅すると、またもや妻は外泊して不在だった。
"あの女、また浮気しやがって! 今日こそ、俺もヤッてやる"

怒りとともにそう決意した彼は、小道具を持って自転車に飛び乗った。
住宅街を徘徊し、ターゲットを絞り込んだ。
防犯カメラがありそうなマンションは避け、若い女性ものの服が干してあった木造アパートを選んだ。

軍手をした手で、玄関のドアノブを回すと……運よくドアが開いた。
中の様子を探ると真っ暗で、物音も聞こえない。
ペンライトで照らしながら、忍び足でベッドへと向かった。
ベッドでは、独身OL・増井千佳さん(26)が眠っていた。

"壇蜜っぽい、エロそうな女じゃねえか。こいつを自由にできるなんて……。まずは、どうやっておとなしくさせようか……"
眺めているうちに昂ぶってきた原口は、彼女の体に馬乗りになると、体を押さえ込みながら掛け布団を掴んで彼女の顔面に被せた。

眠っていた千佳さんは、最初、何が起きたのかわからず激しく混乱した。
そんな彼女に、原口は脅し文句を吐いた。
「おとなしくしろ! 逆らったら、お前の顔に硫酸をぶっかけてやる。皮膚がドロドロになって二度ともとに戻らないぞ!」
「……えっ!? は、はい」

千佳さんは恐ろしさで凍りつき、男の言葉に従うことにした。
「じゃあ、布団からお前の両腕を出せ」
彼女が恐る恐る両腕を差し出すと、男は両手首をガムテープでグルグル巻きにして緊縛した。
「うつ伏せに寝ろ」
今度は、寝かせた彼女の目と口の部分にもガムテープを巻きつけた。
目隠しとサルグツワの代わりだ。
身動きもとれずしゃべることもできない状態にしたところで、男は部屋の明かりを点けると彼女の服を奪い去って全裸にした。

千佳さんの肉付きのいい体を見て、原口の興奮の度合いは、さらに高まっていく。
"この女を好き勝手に弄んでやる!"

うつ伏せ状態の彼女に尻を突き出した格好をさせると、ヒップの肉を左右に広げてアナルを探っていく。
千佳さんは、尻を左右に揺らして拒むような動作を示したが、原口は容赦しなかった。

アナルにオリーブオイルを垂らすと、浣腸用の注射器の先を突き入れたのだ。
そして、注射器内の高濃度アルコールの酒を腸内に注入していった。

10月09日公開のvol.3へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号