キャッチアップ

レイプ裁判

2013年11月12日 10時00分 公開

再婚願望のあるバツイチ男が年下女性とケンカの末に強姦 vol.2

再婚願望のあるバツイチ男が年下女性とケンカの末に強姦 vol.2

再婚願望のあるバツイチ男が年下女性とケンカの末に強姦 vol.2

セックス後に「ありがとう…」

次に関係を持った相手は、シングルマザー(54)だった。

デート中、彼女はこう明かした。
「不倫で産んだ娘に申し訳なくて、ずっと"オトコ断ち"してきたの。その娘が社会人になって、私に婚活を勧めてくれたのよ。だけど二十数年してないからセックスできるか心配……」

「大丈夫。僕が優しくリードするから。無理はしないし」

彼女を安心させて、一緒にラブホテルに入った。
丁寧に彼女のワレメを愛撫していると、次第に愛液で濡れてきているのがわかった。
同時に、彼女に舐められた尾坂の陰茎も激しく勃起してきた。
我慢ならず彼女の体に覆いかぶさると、指で大陰唇を左右に開いて膣口にイチモツの先端を宛てがい、挿入を試みる。

しかし、さすがに長年、男のモノを受け入れてこなかった女性器は、固く閉じたままだった。
無理やり入れようとすると彼女が激しく痛がったので、その日はそれ以上のことはしなかったが、尾坂はあきらめなかった。

数日後、再び彼女をラブホテルへ誘った。
今度は、膣口とペニスにローションを垂らし挿入を試みたのだ。
すると、先端が少しだけメリ込んだ。
時間をかけて徐々に奥へと進めていく。
すると、やがて肉襞にすっぽりと包まれた。
窮屈な肉襞に包まれて、男はすぐに射精を迎えた。

果てたあと彼女が呟いた。「ありがとう……」
セックスをして、そんな言われ方をしたのは初めてだった。

ところが、この相手とも長くは続かなかった。
何度か会ううちに、彼女の水商売特有の話し方がどうにもイヤになったのだ。
"いい女だが、どうも好きになれない……"

別れてしばらく経って出会ったのが、事件の被害者となる、未婚女性の田原里穂さん(37)だった。

2度目のデートでドライブに行ったときのことだ。
帰り道、いい雰囲気になって盛り上がった2人は、そのままモーテルへ。
部屋に入ると、シャワーも浴びずにどちらからともなくシックスナインが始まった。
里穂さんのアソコはすぐに愛液でトロトロ状態になった。
彼女のアエギ声を聞いて、尾坂の股間もグングン反り返っていく。

そのときだった。
ふと彼女がこう聞いたのだ。
「ねえ、そういえば、なんで離婚したの?」

11月13日公開のvol.3へ続く・・・

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号