キャッチアップ

地方風俗情報

2013年07月05日 06時00分 公開

色白お淑やかな20代の加賀美人と淫語プレイ!?

色白お淑やかな20代の加賀美人と淫語プレイ!?

色白お淑やかな20代の加賀美人と淫語プレイ!?

片山津温泉(石川)/イッパツ屋/沙紀さん(28)

石川県加賀温泉郷を代表する名湯・片山津温泉にやって来た。歓楽色の強いことで知られる温泉街だ。宿に着くと、仲居が夜の段取りを尋ねてきた。
夕膳に芸者を呼ぶのか、希望する酒の銘柄、そして"夜のメニュー"についても――。
「OK! 段取りしといてください」
とりあえず予約しておいて、露天風呂に直行し、湯にのんびり浸かった。
「あ、あ、あああ~」
体の中で旅の疲れが溶けていく。夕膳を終えると仲居が声を掛けけてきた。
「お客様、車が到着しました。そのまま浴衣でお出かけください」
さて、いよいよ"夜のメニュー"の開幕だ。玄関でワンボックスカーに乗り込む。数人の先客は、それぞれ別の旅館の浴衣を着けている。
これから向かうのはイッパツ遊びだ。車内は友好ムード一色で、夕膳時に飲んだ地酒が話題に上った。
「やはり『手取川』です」
「いや、『加賀鳶』もなかなかのもんですよ」
「私は加賀藩御用達だった『加賀鶴』が好きです」
銘酒の多い石川県らしく、次々と銘柄が口に上った。アタシはキレのいい辛口なのに旨味も感じられる『加賀鳶』が好みだ。
「はい、着きました」
車は寮のような建物の前に停まり、男性に案内されて個室に入ると、シングル布団が敷いてあった。
「おいであそばせ」
20代後半の女性が遅れて入ってきた。聞けば、ここにいる女性の多くが中京方面からの出稼ぎ組らしいが、彼女は石川県出身の加賀美人・沙紀さんだった。
「以前は金沢にいました」
色白で落ち着いた雰囲気の持ち主で、うなじがとても綺麗だった。そんなお淑やかな彼女が、前戯のフェラのとき、はしたない言葉を口にした。
「うまそうな子やねえ」
「エー?」
と驚くと、
「これ、金沢弁で"立派な息子さんですね"という意味なの」
と顔を赤らめる。そんな愛らしい表情に"わが子"も燃えに燃えた。
帰りの車内は、先ほど交わった女性の話に花が咲いた。沙紀さんの金沢弁を披露すると、大いに受けた。

  • 色白お淑やかな20代の加賀美人と淫語プレイ!?

関連記事

DMM新着動画

MGS新着動画

このサイトにはアダルトコンテンツが含まれます。18歳未満の閲覧を禁止します。当サイトに掲載されている画像、文章等の無断転用・無断掲載はお断りします。
ご使用のブラウザによってはご閲覧いただけないサイト内のコンテンツがある場合もございますのであらかじめご了承の上ご閲覧ください。

Copyright(C) 大衆ヴィーナスWEB All rights Reserved.
風営法届出番号 第8110800026号